結婚を考え始めた男性

本気で「結婚しよう! 」と言い出すのは、並大抵の覚悟ではできません。

「聞くことがなんかいつもと違うな……」「なんかぎこちないかも? 」

などなど、結婚を考え始めた男性は言動に変化が出ます。

今回は、彼が結婚を考えはじめたときの言動を5つご紹介。チェックしてみましょう!

結婚を考え始めた男性

部屋や家具の好みを聞く

一緒に住むことを前提にして、無意識に出る質問。

同棲レベルか、もう結婚を考えているのかはわかりませんが、この先しばらく一緒の家で暮らすという前提があることを暗に示す発言です。

「じゃあ一緒に見に行ってみる? 」と誘ってみるなどすれば、彼と今後の結婚生活を考えていく話に自然となっていくはず!

子どもの話をする

もちろんいきなり子どもの話をしだすのではありません。

「子どもはほしい? 」「ほしいとしたら何人? 」「男の子? 女の子? 」

外出先で子どもを見かけたとき、こんな質問が飛び出してきたら、プロポーズはもちろん結婚を強く意識していると考えてよいでしょう。

子どもを作るのは家庭を持つことを意味します。

自分の思った通り素直に伝えるのもよいですし、具体的なビジョンがないのなら彼の意見を聞いてみるのもいいですね。

ジュエリー売り場に誘う

買い物をしているとき、装飾品売り場に行こうと男性から言うのは特殊な状況と思ってよいでしょう。

指輪の話が出なくても、あなたがどんなデザインが好きか推測するためのヒントを得ようとしているのかもしれません。

やたら細かく聞いてくる男性もいるでしょう。でも、気持ち悪がったりするのはNG。

ノリノリで試着なんかをしてみれば話も弾みます。

親の話をする

自分の親のことは非常にプライベートな内容ですし、それを話すというのはかなり心理的距離が近いと考えられます。

親に合わせることを前提に、心構えをしておいてほしいという願望が見え隠れします。

こんなときは、彼が一生懸命に話すのをちゃかすのではなく、真剣に聞いてあげるのが◎。

なんだかぎこちない

とくに仲が悪いわけでもないのに彼がぎこちない場合、プロポーズの機会をうかがっている可能性があります。

プロポーズは二人の関係が恋人から婚約者に変わる、大事な出来事。

男女関係に限らず、いままでの関係性を変えるのは大きな勇気が必要です。

彼が心のなかでその準備をしているなら、余裕がなくなってぎこちなくなるのもうなずけます。

少し変だな、と思っても、彼の心の準備が整うまでゆっくりと待ってあげてくださいね!

はじめに

男性は基本的に、自分の気持ちを隠すのが得意ではありません。

ですからこのように、何気ないやりとりのなかからでも彼がプロポーズしようとする気配はなんとなくわかってしまうのです。

そんなときはいっそう彼と真剣に向き合い、あなたからも結婚を前提に、自分の希望や不安を積極的に見せていくのがよいでしょう。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)