恥ずかしがりやの女子に贈る、相手から告白させる3つの方法

彼とつき合いたい!

そう思ったら「告白」というプロセスを通過するのが一般的です。

ですが、自分から告白なんて絶対無理!恥ずかしくてありえない!

……そんなときは、もう、相手からしてもらうしか方法はありませんよね。

とはいえ、好意があったとしても、告白に至らないケースも多々あります。

彼だって、告白するからには振られたくないでしょう。

そんなときには「告白しても大丈夫」「成功率は高い」と思わせることが大事です。

そのためにも「私はあなたに気があるよ」と、気持ちを伝えておかなくてはなりませんよね。

彼があなたにその気があって、かなりの確率で成功すると思えば、きっと彼も勇気を出してコクる気になるはずですから。

そこで、今回は「彼にコクらせる方法」を3つアドバイスします。

恥ずかしがりやの女子に贈る、相手から告白させる3つの方法

言葉たくみに好意を伝える

「〇〇君の彼になれたら、きっと彼女はしあわせだよね」

「〇〇君のそういうとこ大好きだよ」

そんなふうに言われたら、いくら鈍感な男性も、さすがに好意に気づくでしょう。

言葉の力は大きいもの。

うまく使えば、彼も「これはいけるかも」ときっと思ってくれますよ。

思わせぶりな態度をとってみる

「言葉で伝えるのはハードルが高すぎて無理」という人は、態度で匂わせるのもありです。

たとえば、手作りお菓子を作ってもっていったり、写真を撮りたがったりするのは、とてもわかりやすいですよね。

「あなたの好きなチョコレートでお菓子作ったんだけど食べてみてくれる?」

「一緒にツーショットを撮ってもいい?」

きらいな相手に、わざわざ手作りお菓子なんて作りませんし、ツーショット写真も必要ありません。

だからこそ「もしかして?」と思わせられますよね。

あなたのことを、はっきりと意識してくれるはずですよ。

LINEでハートを送る

言葉も態度も恥ずかしすぎてうまくできる自信がない!

そんなときは手っ取り早くLINEを交換して、ハートを送るのもよいでしょう。

いろんなハートがあるので、あの手この手でハートを送り続けましょう。

さすがに何日も続けてハートばかり送られてきたら、「もしかして好きってこと?」っていうことがわかるでしょう。

この方法なら、面と向かってアクションを起こさなくていいぶん、ハードルも下がりますよね。

いつもは言えない素直な気持ちも、打ち明けてくれるかもしれません。

まとめ

相手にコクらせたいときは、あなたの思いを伝えるだけでなく、相手の思いを引き出してあげることも大切です。

人は思いがあふれたら、たまらず自分の思いを相手に伝えたいという気持ちになります。

コクらせたいと思ったら、相手に集中して、愛の総攻撃をしかけましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)