相手に好かれたい!好印象をもたらす言葉3選

好きな人に、すこしでも好印象を持ってもらいたい。

そんなとき、手っ取り早いのは話しかけることです。

なにげない会話でも上手につかうことで、相手に好印象を持ってもらうことができますよ。

今回は、ちょっとした言葉でプラス評価をつけてもらえる、お得なテクニックをご紹介します。

相手に好かれたい!好印象をもたらす言葉3選

お疲れ様でした

ビジネスシーンでよくつかわれる言葉ですが、じつは恋愛でも鉄板の言葉です。

仕事で疲れて帰ってきたら癒されたいものですよね。

たとえ彼女と会ってない日でも、おそく帰った日には、彼女に「お疲れ様でした」といわれたらうれしいもの。

1人暮らしの男性のなかには、明かりもついていない部屋に帰るのがさびしくて、ついつい夜遊びしてしまうという人がいるほどです。

おそくまでがんばった自分をねぎらってもらえないというのは、やはり物悲しいものなんだと思います。

そして、そんな心にすきま風が吹いているときこそ、絶好のチャンス。

彼女の「お疲れ様でした」の言葉を聞くと、この子と結婚したいという気持ちが深くなるようですよ。

さすが〇〇くん、助かっちゃった

男性は誰でもほめられたり、頼られたりしたいものなんです。

それが、好きな女性ならなおさら。

「さすが」とか「助かっちゃった」という言葉に、男性は弱いです。

だから、ちょっと消しゴムを借りた、ちょっと頼みごとを解決してくれたなんてことでも、ただ「ありがとう」っていうだけよりも効果抜群です。

ことあるごとに、この言葉をつかっておくと好印象をあたえられますよ。

もしよかったら~しない?

カップルでなにか決めるときは、どちらかが主導権をにぎらなくてはなりません。

とはいえ、だれでも自分の意見を通したいと思いますよね?

たとえば、今日のデートはパスタが食べたいと思っても、彼がカレーといえば……。

おたがい言わないと伝わらないけど、かといって、意見がちがうと気まずくなるときもけっこうあります。

そんなときは「もしよかったら~しない?」は都合のいい言葉です。

「もしよかったらパスタにしない?」っていわれたら、どうでしょう?

カレーが食べたくても、パスタにしてしまいそうじゃないですか。

彼女に「もしよかったら」なんて下手にでられると、断りづらいもの。

主導権をにぎれているのは彼なのに、結局彼女の意見が通ってしまうという、魔法の言葉でもあります。

おなじことでも「パスタじゃなきゃいやだ」といわれたら、ぶつかってしまうかもしれません。

言いかたひとつで、うまくいくことってあるんです。

まとめ

おなじことを伝えるにしても、言葉ひとつで、好かれるか嫌われるか変わってしまいます。

また、ちょっとしひとことで心づかいが感じられることも。

こんな言葉を、普段から身につけておくと便利です。

とくに意識してつかってなくても、相手が良いほうにとってくれるよう、すこしだけ意識してみましょう。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)