フェラのテクニック

エッチを盛り上げるのに欠かせない、フェラ。

求められて一応毎回やっているものの、なめ方がワンパターンになっていませんか?

気持ちよさそうにしている彼も、実は「もっとこうしてほしい」と欲求を内に秘めているかもしれませんよ。

彼に飽きられないためにも、男性に聞いた「本当はこんなフェラが好き!」の本音を見てみましょう。

フェラのテクニック

タマまでなめてほしい

「フェラのときタマまでなめてくれる子って少ないけど、喜ぶ男は多いと思うよ。アソコをなめられるのとは、また違った気持ちよさがあるんだよね~」(26歳/銀行営業職)

女性からすると、タマ部分をなめると毛が口に入りそうで、なるべく避けておきたい気もしますよね。

しかし男性はタマなめをされると、快感に強弱がついて気持ちよさがアップするんだとか。

フェラをマンネリさせないためにも、数回に一度ぐらいは攻めてみては?

ただしタマは刺激に敏感で、少しでも強くすると痛みを感じるんだとか。あくまでも優しくなめてあげましょう。

先っぽだけなめる+手の合わせ技

「浅く咥えて、亀頭のとこだけを往復されるとヤバイ!サオは手で。口と手の動きをリンクさせながら、たまに手で亀頭をしごかれるとすぐにイっちゃいます」(27歳/デザイン系)

フェラは深く咥えるほうがいいのかと思えば、意外とそうでもない様子。

先っぽだけ攻めるのも、男性には喜ばれるようです。

口は上下させながらベロは左右に動かすなど、舌の動きに変化をつけるのもアリ!

亀頭は口で、サオは手を使って上下にしごきながら、たまに手をカリの部分まで持って行って刺激を与えてあげましょう。

よだれの音をさせる

「やっぱり唾液の音がエロイ!あんまり大きく聞こえてくると萎えることもあるけど……よだれの音がすると、一生懸命なめてくれてるんだなぁって思うしね」(25歳/保険営業)

フェラをしているとき彼もあなたを愛撫してくれれば話は別ですが、一方的になめているときは、あえぎ声も出ません。

しかし、無音のセックスはちょっぴりしらけるもの。あえぐのが不自然なシーンでは、よだれの音を効果音にしてしまいましょう。

唾液でアソコをベトベトにすれば、彼の快感もアップするだけでなく女性側もなめやすくなります。一石二鳥ですね♡

さっそく実践してみて!

彼が「もっとこうして」と言ってこないからといって、あなたのテクニックに大満足!というわけではないかもしれません。

なめ方に変化をつけて、あなたのフェラで彼を悶えさせてあげましょう。

今回ご紹介した男性に好評のテクニック、ぜひ次のエッチで試してくださいね。

(愛カツ編集部)