ムラムラさせてしまう言動

遠慮がちな年下のかわいい彼をその気にさせるにはどうしたら良いのか?

今回はそんな悩める女子に朗報。

年下男子が「ムラムラ」きてしまう言動を5つ、ヒントとして伝えします。

ムラムラさせてしまう言動

言動1:「酔っちゃったみたい」

年下男子はスキのある年上女子について妄想するのが大好物。

「酔っちゃったみたい」という発言に連動して、年下男子は様々な妄想を組み立てるようになりますので、ムラムラさせてしまう言動としてはとても強力です。

少し寄り添いながら耳元で囁いてあげると良いでしょう。

その後男子がトイレに立ったら、妄想スイッチが完全にオンになったことの現れです。

言動2:「くすぐったくて気持ち良いかも」

年下男子が勇気を出して少しボディタッチをしてきた場合に、この言動を使いましょう。

そうすると年下男子は、「気持ち良い」という言葉で妄想スイッチがオンになり、どんどん積極的な行動を取るようになってきます。

くすぐったいという表現をつけることで女子側も軽い感じで答えているという印象を与えることができますので、ムラムラさせ過ぎてしまうリスクを抑えることができます。

言動3:「今日は甘えてもらいたい気分」

年下男子が「今日はいつもと違うな」と感じて積極的にさせたい場合に有効な言動。

「今日は」という言葉で限定感を出しつつ「甘えたい」という年下男子の心をくすぐる表現です。

遠慮しがちな年下男子も「甘えてもらいたい」と言ってもらうことで、より積極的に行動を起こしやすくなります。

どうやって甘えようかと考えることで妄想スイッチがオンになります。

言動4:「今日は新しい下着付けてきた」

別にそれがどうということは何も言わなくても「下着」という言葉を使うことで、年下男子はどんどん妄想が膨らんでいきます。

下着ネタを会話で出すと、その話題が続きますよね。

エンジンがかかるのが遅い年下男子であってもムラムラするまでの時間も稼ぐことができます。

なお、下着をちらつかせたりすると、品のない女子だとかえった逆効果につながりますので、それは必要ありません。

言動5:「なんかエッチだよね」

映画のラブシーンを見た後やラブラブでいちゃついているカップルが近くにいるお店などでこの言動をしてみましょう。

年下男子はそれまで意識していなかったとしても、この言動で一気に「エッチ」な雰囲気なのかを意識し始めます。

そうすることで妄想スイッチがオンになりその環境で過ごす時間中ムラムラが高まっていきます。

彼が暴走しない範囲で

いかがでしたでしょうか?

彼に一歩踏み込んできてほしい……。

そんなタイミングを作りたい場合は、今回のヒントを参考に良識の範囲内でムラムラ言動を積極的に発してみてくださいね。

1点男子は「一度ムラムラスイッチが入る」とそれを自分でオフにすることが非常に苦手。

一度妄想が始まるととどまるところを知らない、そんなエネルギーを男子は持っています。

暴走させない範囲で女子はムラムラ発言を使うようにしましょう。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)