男性が冷める

今、怒った?怒ってない?機嫌いいの?悪いの?男心は、女性にはなかなかわかりません……。

ましてや、気持ちが冷めたかどうかを把握するのは至難の業。

だからって、面と向かって聞くなんてもっと無理!そんな、モヤモヤしているときにこちらの占いを。

男性の干支別に、気になっていた女性や好きな女性への気持ちが冷めてしまう瞬間を占います。

男性が冷める

●子年生まれ…豹変する態度

自分と価値観や金銭感覚、恋愛への一途さなどが合う女性かどうかを、少しずつ見極めながら関係を深くしていく子年の彼。

自分に見せている態度と他の人への態度があまりにも違うのを見ると、「騙してる?」と気持ちが冷めます。誠意を大切に。

●丑年生まれ…理不尽に急かされる

自分のペースを大事にする丑年の彼。

理不尽に急かされることが大嫌いです。街中で、興味のあるものにしばし見入っているときに「早くしてよ」と言われるとイラっ。

自分のことを考えてくれていないんだな、と冷めるでしょう。心を広く持って。

男性が冷める

●寅年生まれ…利用された!

寅年の彼は、恋愛はドラマティックに楽しみたいタイプ。

全力投球で好意をぶつけているのに、気にいらなかったプレゼントを売っているなど利用されていることが発覚すると、冷めます。

そういう女子の現実的感覚を、彼に見せてはダメです。

●卯年生まれ…他の男性へ気のある素振り

恋愛初期に特に盛り上がるタイプの卯年の彼。

好意を持った女性には、わかりやすいアプローチをしがちです。そんな卯年は、他の男性に気のある素振りがあるとキレます。

キレて奪い返した後、気持ちがサ――っと冷めるでしょう。一途に彼を愛して。

●辰年生まれ…ヒステリー

細かいことは気にせずに、自然に恋人になれるような恋愛を好むのが辰年の彼。

純粋なのです。女性特有の気まぐれやワガママくらいならおおらかに受け止めますが、ヒステリーとなると急速氷点下に冷めます。

冷めた後怖くなり、逃げ出すかも。

●巳年生まれ…理想から外れた

一途に相手の女性を愛し、時には束縛が過ぎることもある巳年の彼。

相手が自分の理想の女性だと思い込む傾向もあるでしょう。その理想から外れた行動をされたとき、冷めます。

とても自分勝手なのですが、彼としてはそれが正義なので仕方ありません。

●午年生まれ…手作りプレゼント

恋愛って気軽にするものでしょ、と思っているのが午年の彼。

あまり深く考えずに付き合うため、尽くしまくる女性だと重いと感じます。

手作りの何かを突然プレゼントされたりすると、冷める可能性大。尽くしたければ、少しずつ慣れさせましょう。

●未年生まれ…ダメだし&否定

繊細な性格で、細かい言い回しを気にしてしまう未年の彼。

好意のある女性に「ちょっとそれは……」なんてダメだしされ否定されると、それだけでふっと冷め、逃げ出してしまいます。

とにかく、きつい言い方を避けるようにしましょう。

男性が冷める

●申年生まれ…他の男性を褒める

愛嬌満タンで人気者ですが、実はプライドがかなり高いのが申年の彼。

他の男性、特に元彼と比べられると、気持ちが冷めてしまいます。単なる会社の同僚の仕事ぶりを褒めてもダメ。

申年の彼の前では、他の男性を褒めるのは厳禁です。

●酉年生まれ…だらしない

他人に対して厳しい酉年の彼。

観察眼が優れているというかアラ探しが得意なので、わりとすぐ冷めます。特に、生活態度がだらしないのがNG。

公共の場でメイクを直したり、落としたごみをそのままにしたりはすぐアウト。きちんとしましょう。

●戌年生まれ…大声を上げる

安心できる恋愛をしたい戌年の彼。選ぶ人はトラブルの少なそうな女性です。

穏やかと思っていたのに、気に入らないことがあると大声を上げたりすぐ文句を言ったりすると、彼の気持ちは冷めます。

ムカッとしても、ひと呼吸おいて、穏やかな対応を。

男性が冷める

●亥年生まれ…つまんないという態度

明るくアクティブな恋愛を心がける亥年の彼。

楽しそうなデートを計画したりと気をつかっているのに、「疲れた」「つまんない」という態度をされると冷めてしまいます。

デートの時は、まずは体調を万全に!一緒に楽しむ気持ちが大切です。

さいごに

彼の気持ちを冷めさせたくないのはもちろんですが、うっかりやってしまうこともあるものです。

でも、この干支の彼にはこれだけは気を付けよう、とわかっていれば、がんばれますよね!

(馴紫月/占い師)

(愛カツ編集部)