ホレ直す

彼の付き合いが長くなるとどうしてもやってくるのがマンネリ。

最初の頃の何をやっても新鮮だった頃とは違って、ときめきも徐々に薄らいできます。

付き合いが長くて心が安定するのはいいのですが、ドキドキすることもなくなると、ちょっと物足りないと思ってしますよね。

彼が浮気するのはこんなマンネリ気分が続くとき。それを阻止するためにもやっぱりあなたが好きって思わせることが大切です。

では、男性はどんな時にマンネリ感から脱して「やっぱりあなたが好き」と思うのでしょう?アドバイスします!

ホレ直す

自分の欲しいものをドンピシャにプレゼントしてくれた時

付き合い始めのカップルは、相手のことを知らないことも多いので、ちょっとしたことで気持ちがすれ違うことも。その点、付き合って長いカップルのよい点は、お互いのことをよく知っているということです。

長い付き合いだからこそ彼を知り尽くしていることをフル活用しましょう。例えば記念日のプレゼント。

彼が欲しがっているものをドンピシャに当ててプレゼントできれば、彼はきっと大喜びするはずです。

そして、やっぱり長く付き合った彼女はいいなって思うかもしれませんね。できれば、その記念日もクリスマスや誕生日などのオーソドックスなものではなく2人だけの特別な日だったら、その感激はなおさらですね。あの時を思い出してあなたのことを改めて惚れ直すかもしれません。

欲しいタイミングでフォローしてくれた時

長く付き合ってる相手の最大の利点は、相手のことをよく知っていること。

そして、それは相手の欲しいタイミングでフォローすることができるということでもあります。

例えば、何かのかしこまった席で目上の人と食事をしないとならないということがあったとします。

そこで、彼が苦手な食材が出されたらどうしましょう?

付き合いが浅い彼女はそんな細かいところまで彼のことを知らないでしょう。

ですが、付き合いが長い彼女だったらすぐ気がついて、わからないように食べてくれる、先方にうまく断ってくれるなんてフォローすることができます。

そうなればやっぱり気がきく相手は付き合いの長い彼女だなということになり、惚れ直すきっかけとなるでしょうね。

言葉にしなくても分かった時

付き合いの長い彼女はいちいち言葉にしなくても、あうんの呼吸で通じ合うところがあります。

例えば、何か気になったことがあったときお互いがお互いに顔を見合わせて「そうだよね」と心の中でつぶやけあえたら、これはカップルの醍醐味ですよね。

言葉にしなくても分かった時は、やっぱり長い付き合いの彼女はいいなって気持ちになりますね。やっぱり俺の彼女!って惚れ直すきっかけになります。

まとめ

マンネリ打破には積極的に彼と新しいことをするのもいいと思います。

そんな時に長い付き合いの彼女は安心できるって思ってもらえれば、やっぱり惚れ直すきっかけになりますよね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)