「キス」はふたりの気持ちを高ぶらせて、ふたりの関係性をより深めてくれる大事な行為。

だからこそ、男性を幻滅させるようなキスをしてしまうと、そのショックは相当大きなものになるでしょう。

そこで今回は、男に幻滅されてしまう「残念なキス」を紹介します。

唇を「かたく閉じている」

好きな男性と初めてのキスをするようなときには、かなり緊張だってすることでしょう。

とはいえ、変に力が入りすぎて、唇をかたく閉じすぎてしまったりすると、男性からは「俺とキスしたくないのかな?」とか「舌を入れられないようにガードしているのかな?」なんて思われてしまいます。

唇を開ける必要はないですが、まるで拒否しているかのように強く閉じると、男性はもう一度キスをする勇気も持てなくなるはず。

また、唇に強く力を入れると、女性特有のやわらかさもなくなってしまうので、女性らしさも大きく失われるものですよ。

妙に「鼻息」が荒い

キスをしているときは、唇をふさがれているので、自然と鼻で呼吸をするようにもなるでしょう。

キスにあまり慣れていなかったりすると、そういったときに鼻息が荒くなったりもしてしまいがち。

色っぽく吐息が漏れるような感じなら男性も興奮するでしょうが、フガフガと鼻息が荒い女性には興奮どころか幻滅をするはず。

いいムードを壊す原因にもなるので、呼吸が苦しいときは無理をせずに一度唇を離したりした方が、キス自体にもメリハリを作れますよ。

キスの「ノリ」が合わない

当たり前ではありますが、キスはふたりで行うものなので、ふたりのノリやタイミングや波長が合わないと、うまく噛み合いません。

例えば、顔の向きが合わなかったり、キスの激しさが合わなかったり、興奮度が合わなかったりすると、気持ちも高まりにくいはず。

特に、男性がノリノリで激しいキスをしてきているのに、それに冷たい反応を示したりすると、そのガッカリ度は相当大きくなります。

いい雰囲気でムードが高まってきたときのキスであれば、ある程度はノリやテンションを合わせるようにしないと、きっと男性の恋は冷めていってしまいますよ。

終わったあとに「唇を拭う」

キスをし終わったあとに女性が唇を拭っていたら、男性は確実にとてつもないショックを受けます。

自分が汚いものとして扱われている感じがするので、もうあなたとの関係はそこで終わりにしようとさえ思うかも。

ちょっと激しいキスをしたあとなどは、無意識に唾液を拭き取ろうとしてしまったりもするかもしれませんが、やはり男性には見えないところでするべきです。

キスのあとは男性だって気分が高揚しているはずなので、それを現実に引き戻すような言動は取らないようにしないと、それ以上の関係性にはなれませんよ。

おわりに

キスをすることで、相手への愛情度はどんどん大きくなっていくものです。

なので、大事なムードをぶち壊してしまうようなキスはしないようにすることが、最も気をつけるべきポイントですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)