会うとそっけない男性

LINEのやりとりでは優しいのに、会ったときの態度がそっけない男性っていますよね。

そんな男性を好きになると、「一体どちらが本心なの!?」「嫌われちゃったかな……」と、悩んでしまうこともあるでしょう。

そこで今回は、LINEでは優しいのに、直接顔を合わせると冷たい男性の心理をご紹介します。

本心を見極める方法や対処法も解説するので、好きな人の態度に振り回されてしまっている方は、参考にしてみてください!

会うとそっけない男性

シャイ・異性と話すことに慣れていない

LINEは相手の顔を見ずにコミュニケーションがとれるので、シャイな人や異性と話すことに慣れていない人でも、本音を伝えやすいです。

文面では優しい言葉をかけたり、ドキッとさせるようなことを言ったりできるけれど、実際に会うと緊張してしまうという男性も少なくないでしょう。

このタイプの男性は、会って話すと口数が少なく、なかなか目を合わせてくれないのが特徴。

ただし慣れてくると、だんだんと対面でも口数は多くなってきます。

その人がシャイなのか判断できなければ、「〇〇さんって人見知りかな?目を合わせてくれなくて……」と、周りの人に相談してみてもいいでしょう。

相手が恥ずかしがっているだけなら、直接会ったときは、こちらから積極的に声をかけてあげてもOK!

LINEで話した内容の続きを話題にすると、会話のきっかけを掴みやすいです。

誰かとLINEしていたい寂しがり屋

LINEだけが優しい男性は、逆にチャラい可能性もあるので、見極めが重要です。

寂しがり屋な彼は、暇な時間が苦手。誰かとLINEをしていたいので、常に複数の女性と連絡をとっています。

あくまで「誰か」とLINEできればいいので、そこに恋愛感情はありません。

このタイプの男性は、明らかに異性慣れした口説き文句を使い、返信が極端に早いときと、遅いときがあるのが特徴。

深夜の電話には付き合ってくれても、デートの約束は基本的にしてくれないでしょう。

話し相手として割り切れるならいいのですが、本気で好きになってしまうと辛い思いをするかも。

周りの目を気にしている

普段クールな男性として周囲に認識されていると、周りの目が気になって、女性に気軽に話しかけられないこともあります。

このタイプの男性は、複数人でいるとそっけない態度をとってきますが、2人きりのときは積極的に話を盛り上げてくれるのが特徴。

LINEのテンションとほぼ変わらない会話ができるでしょう。

みんながいる場では無理に話そうとしないほうが、彼も気楽なはずです。

会うとそっけなくても落ち込まないで!LINEで距離を縮めよう

対面でのコミュニケーションが苦手な彼。

まずは気軽に言葉を交わせるLINEで、距離を縮めていくのがいいでししょう。

仲良くなったら、まずは静かに楽しめる「映画デート」がオススメ!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)