男性が「この子とずっと一緒にいたいな」と思う瞬間

好きな相手に「ずっと一緒にいたい」と思われたい。

大切な人ができたとき、だれしもそう考えるのではないでしょうか。

相手を思えば思うほど、特別な存在でありたいと願うもの。

そこで今回は、男性がずっと一緒にいたいと思うのはいったいどんな女性なのか、見ていきたいと思います。

男性が「この子とずっと一緒にいたいな」と思う瞬間

あらためて一緒にいるしあわせを感じたとき

「長く付き合っていた彼女。

週末はいつも一緒で、彼女の存在について、しっかり考えるタイミングがありませんでした。

たまたま会えない週末が続き、久しぶりに会えたときのこと。

ふたりでテレビを見たり買い物したりする、ごくふつうの休日にしあわせを感じ、ずっと一緒にいたいとプロポーズを決意しました」(28歳/営業)

付き合いはじめのようなドキドキ感がなくなると、一緒に過ごす時間は日常に変わっていくもの。

会えない時間をはさんだりするなど、そのなにげない日常に、あらためてしあわせを感じることができます。

男性はそんなとき、ずっと一緒にいたい、家族になりたいと思うことも。

毎週のように会っているなら、すこし会えない時間を作るのも、あなたの存在を感じてもらうひとつの手段かもしれません。

笑顔に癒されていると気づいたとき

「彼女の好きなところは、癒される笑顔。

もともと仕事人間で、オンとオフの切り替えができませんでしたが、彼女の笑顔を見ると、自然と肩の力が抜けるようになりました。

仕事でイライラしていても、彼女の笑顔で癒されます。

それを自覚したとき、彼女以上の女性はいないと真剣に思うようになりました」(31歳/メーカー勤務)

毎日仕事をがんばっている男性がプライベートで求めるのは、なによりも癒しです。

彼が仕事でイライラしているときも疲れているときも、笑顔で迎えてあげるとよいでしょう。

一緒に笑い合うことができたら、仕事の疲れを忘れるひとときになるはずですよ。

つらい時期に弱い一面をさらけ出せたとき

「仕事で悩んでいたとき、彼女が自分の仕事の合間をぬって、なにかとサポートしてくれました。

こんなに自分を思ってくれる人とずっと一緒にいたいと思い、それを糧につらい時期を乗り越えることができたと思っています。

それまでは弱い部分を見せられなかったけど、彼女には自然に見せることができたのも、大きな理由になりました」(30歳/システムエンジニア)

つらいときに助けてくれるような、彼女の深い愛情を感じたとき、ずっと一緒にいたいと思う男性は多いようです。

彼の弱い部分も受け止められるような愛情があってこそ、ずっとそばにいられるのではないでしょうか。

精神的な支えとなれるような女性になれるよう、強い気持ちで彼を受け止めてあげましょう。

ずっと一緒にいたいと思われる女性になろう

大好きな彼に末永く一緒にいたい。

それが多くの女性の切なる願いです。

彼の弱い部分も受け止めつつ、笑顔で日常をともにすると、あなたの気持ちを届けられるはず。

彼に、ずっと一緒にいたいと思ってもらえる女性を目指しましょう。

(愛カツ編集部)