秘密のオフィスラブエピソード3選

職場で芽生えた小さな恋、オフィスラブ。

誰にも言えない、バレないようにしなきゃいけない……

いろいろと大変なことも多いですが、それ以上にキュンキュンする瞬間も多いのだとか。

そこで今回は、いま現在オフィスラブ中の3人の女性に、秘密のエピソードを聞いてみました。

どんな素敵エピソードが飛び出すのか、こっそりのぞいてみましょう。

秘密のオフィスラブエピソード3選

エレベーターがチャンス!

「彼が外出するとき、さりげなくうしろからついて行って、そのままエレベーターに一緒に乗り込みます。

扉を閉めたら、わざと階数ボタンを押さずにキス。そのまま別々のフロアに降りていきます。

私は、またオフィスに戻るだけなんですけどね。」(26歳/メーカー勤務)

毎日顔を合わせるとはいえ、なかなかふたりきりになれないのがオフィスラブの歯がゆいところ。

みんなさまざまな知恵をしぼって、ふたりきりになれる場所を探しているようです。

エレベーターはうってつけのスポットですが、誰かが乗ってきたら気まずいので、あまり人が乗り込まない時間をリサーチしておきましょう。

書類にふせんをつけて…

「私の彼は職場の上司。たまに、書類に『給湯室で待ってます』ってふせんをつけて渡してます。

そして給湯室で待ち合わせして、そこで抱き合ったりキスしたり。

『昭和かよ!』ってツッコまれますが、彼もまんざらでもないみたい」(27歳/広告代理店勤務)

LINEやメールでやり取りできるけれど、あえてこっそりメッセージを渡す。

これって「オフィスラブを経験できたらやってみたいこと」のトップ3に入る行為ですよね。

まさにオフィスラブの醍醐味!

ただ、メモは他の人の目につかないように、注意して。

すれちがいざまに…

「社内では彼とあいさつする程度。話すのはおろか、めったに目も合わせません。

目があってもニコリともせずにそらす彼。

でも、誰もいない廊下ですれちがいざまに、そっと手を握ってきたり、耳元で『今日もかわいいよ』とささやいてきたり……。

そのせいで、廊下ですれ違うたびにドキドキしてしまいます。

すっごくツンデレな彼に、翻弄されっぱなしです」(24歳/商社勤務)

誰にもバレないように細心の注意を払いつつ、コミュニケーションが取れるチャンスは逃さない……!

これもオフィスラブを充実させるため、重要なことなのかもしれませんね。

ただ、あまり大胆になりすぎると誰かにみられる可能性もあるので、ヒミツの時間は短めにしておきましょう。

ルールをつくって楽しんで

オフィスラブを長続きさせるコツは、やりすぎなくらい慎重になること。

職場ではまったく話さない!くらい徹底してもいいかもしれません。

そして、コミュニケーションを取れるチャンスがあれば、けっして見逃さないこと。

ちょっとしたことでもドキドキしたり、しあわせを感じたりできる……

オフィスラブって、とってもドラマティックなんです。

(愛カツ編集部)