最初のデートでお別れ……そんなカップルの特徴3つ

好きだった彼にやっと告白して、晴れて付き合うことに!

なのに、たった1回デートをしただけで、それから連絡がない。

もしかして、このままお別れ……?

さて、そんなカップルはいったいなにが悪かったのでしょうか?

思いを寄せる彼がいるあなた。

こんなサイアクなケースを避けるためにも、その原因を考えてみましょう。

最初のデートでお別れ……そんなカップルの特徴3つ

ちゃんと「ふたりで」会話を楽しんだ?

次のデートのお誘いがないというときは、まず彼がデートを楽しめたのかどうかを考えてみましょう。

あなたは楽しかったのに、彼からの次のお誘いがない場合。

あなただけが楽しんでいた、という可能性があります。

たとえば、一方的におしゃべりしていたということはなかったでしょうか?

相手がまったく興味のない話をずっと聞かされたら、彼は疲れてしまってるのかもしれません。

また、おしゃべりの内容はどうでしたでしょうか?

彼に質問してばかりということはありませんでしたか?

もし、あなたの趣味だけが反映されたせまい会話なら、彼はあまり理解できず、つまらないと感じていたのかも。

質問攻めもあまり続くと、答えるのに疲れてしまいますよね。

恋愛で大切なのは、たがいを理解し、尊重すること。

一方的なコミュニケーションになっていなかったか、一度考えてみましょう。

デートスポットは問題なかった?

デートスポットが悪かった、ということもあるかと思います。

たとえば、足を運んだ場所が混みすぎていたり、雨でびしょ濡れになって寒くなってしまったりなど……。

とても「良い思い出」にはなりそうもないシチュエーションですよね。

たしかに、そういうときはストレスが溜まってしまいます。

しかしこんな予定外の出来事よりも、その時の態度や行動に、彼は嫌気がさしたのかもしれません。

好きな相手とのデートだと、たとえ混んでいても、雨でびしょ濡れになっても、お別れとまで思わないはずです。

それよりも、文句ばかり言っていたり、まわりへの態度が悪かったり……そんな行動の方が、彼にはショックだったのかもしれません。

デート中の自分の行動を、冷静に振り返ってみてくださいね。

つまらなそうな顔をしてなかった?

あなたがつまらなそうな雰囲気を出していて、次のデートに誘えない、ということもあります。

あまり感情が表に出ないタイプだと、彼は「もしかしたら、そんなに楽しくなかったんじゃないか」と考えて、遠慮してしまうということもあります。

ふだんからあまり表情にでないことを自覚しているなら、「デートが楽しかった」と、ちゃんと言葉や文章で伝えておいたほうがいいですね。

素直に気持ちを伝えることで、2人の距離も近づきますよ。

まとめ

初回デートでお別れ、というのはよくあることです。

やっぱりおたがいに、ちょっとちがうなって思うこともあるでしょう。

ですが、どうしても別れたくないと思うなら、その時はあなたから、次のデートに誘ってみましょう。

案外それがきっかけで、そのまま続いていくカップルもいますからね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)