セックス中にドン引きする行動

男女の関係は時に、繊細なバランスの上に成り立っていたりします。

例えば、悪気のない彼女のたった一言が彼氏を傷つけてしまい、それが原因で破局してしまうといったこともあります。

特に男性はプライドの高い生き物。ベッドの中での発言には敏感です。

そこで今回は男子がドン引きする「夜の営み中の女子の言動」をご紹介します。

セックス中にドン引きする行動

1:下着がバラバラ

「下着が上下でバラバラだった時っていうのはちょっと萎えますね。色気とかそういうこともそうなんですけど、俺のことどうでもいい相手って思ってるのかなってちょっと考えちゃいますね」(Oさん・27歳男性/インストラクター)

上下バラバラの下着を身につけている女性に対して「ゲンメツする」という意見もあれば、「どうでもいい相手と思われている」といった両方の意見がありました。

女性からすると、両方とも避けたい反応なはず。「今日はしないだろう」という日でも用心に越したことはないでしょう。

2:ずっと受け身

「ずっと受け身だとエッチがつまらないですよね。エッチを好きになれとまでは思いませんし、そこまで価値観を押しつけるつもりもないですけど、すぐに飽きてしまいますよね。それが原因で別れたこともあります」(Yさん・29歳男性/医療機器メーカー)

エッチの最中、ずっと受け身だと男性が飽きてしまうという意見。

恥ずかしいという気持ちが積極性を抑えてしまっているのかもしれませんが、男性ばかりが奉仕していると疲れてしまいます。

時には女性が主導権を握ってみるといいでしょう。

3:自分から服を脱ぐ

「これからエッチって時に、女性自ら服を脱ぎ出す人っているじゃないですか。あれはちょっとやめてもらいたい。ムードが壊れるんですよね。エッチって本番までが楽しいのに、その楽しみを一つ失ったような感じがします」(Rさん・30歳男性/ウェブデザイナー)

服を脱がすこともプレイの一つと考えている人にとっては自ら服を脱ぐ行為はNGなようです。

焦らすような仕草をすると「萌える」という人もいることから、わざと時間をかけるといいかもしれません。

4:エッチ後にスマホをいじる

「エッチの後にスマホをいじる女性がいたんですよね。凄いびびったことを覚えてますよ。確かにエッチが終わったあとはすぐに寝たくなるんですけど、さすがに相手に悪い気がして余韻を壊さないように心がけているわけです。なのにって思っちゃいますよね」(Aさん・28歳男性/消防士)

女性にとってはエッチの後の時間が大切と言われることがあります。

それを知っている男性は女性を気遣って配慮ある行動を心がけていることも。

しかし、スマホをいじるなどして女性の方がドライだと、男性は面食らってしまうようです。

思い切り甘えることもテクニックなのかもしれません。

まとめ

いかがでしたか?

今回は男性が引いてしまう夜の営みの女性の言動などをご紹介しました。

男性はプライドが高く繊細な生き物。女性には幻想を抱いていることもあります。

その幻想が裏切られてしまうと戸惑ってしまうということもある様子。男性の期待に応える余裕を持つことがヒケツといえそうです。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)