一発逆転!セフレから彼女になるための手順リスト

大好きな人とセフレ関係になってしまい、つらい気持ちを抱えている女性は、意外と多いのではないでしょうか。

一般論として「セフレは本命になれない説」がありますが、セフレから彼女になることは本当に不可能なのか……。

そこで今回は、セフレから彼女になるための手順について考えてみました。

一発逆転!セフレから彼女になるための手順リスト

セフレであることをなげかない

彼女になれないもどかしさを抱えるのは、当然のこと。

しかし、セフレから彼女への昇格を目指すなら、彼の前で現状をなげくのはタブー。

きついことを言うようですが、ちゃんとしたお付き合いにふみ切らないのは、

彼の本音として「Hしたいけど責任はとりたくない」という気持ちがあるから。

この状態で「セフレはイヤ」「彼女になりたい」など気持ちをぶつけても、彼のプレッシャーになるだけ。

余計に、「彼女にするのは面倒くさい」と思わせてしまいます。

どんなにつらくても、彼の前ではセフレ関係を割り切って楽しんでいるスタンスでいること。

あくまでも彼との大人の関係を楽しむ姿勢をみせ、一方的に都合のいい女ではなく、おたがいに都合がよく、いごこちの良い存在に。

つらい気持ちは、よくわかります。

ただ、現状を変えるためにはまず、「対等になること」を目指しましょう。

SEXでナンバー1の女になる

セフレということは、彼はあなたとのHに満足しているはず。

Hだけの女になるのは誰だってイヤなもの……。

ですが、Hでつながっていることの見方を変えれば、大きな武器ともとらえられます。

彼女になるためにも、まずはセフレの武器であるHで、ナンバー1の女性を目指しましょう。

あなたとのHが最高に気持ちいいものであれば、彼はあなたを手放したくありませんし、彼のなかでも、特別な女性になれます。

彼女になるためには、まずはHを楽しみ、最高のSEXを提供できるよう意識してみましょう。

SEX以外の時間を増やす

最高のSEXを提供できれば、セフレでも愛着が生まれます。

この段階でH以外の時間を増やしていくと、彼も愛着があるぶん、受け止めやすいです。

ただ、いきなりデートを求めたり、彼女にして!と迫ったりするのはNG。

ホテルに行く前に映画に誘う、Hの前に一緒にご飯に行くなど、「Hのついで」として、ふたりきりの時間を増やしていくのが◎

ベッドの上でも、マッサージしたり、一緒にゲームしたり。

性的な楽しみ以外の時間を増やしていくのもおすすめです。

真面目な恋愛観を見せる

ここまでの手順をしっかりふんだら、少しずつ真面目な恋愛観を見せて、本命女子候補になれるよう、印象を変えていきましょう。

大好きな彼だからこそ、セフレになったという場合も、彼が「性に奔放な女」「だらしない女」と認識している可能性もゼロではありません。

都合の良い話ですが、男性は彼女には真面目であってほしいもの。

ほかの異性の影は見せない、夜遊びしないといった言動で、真面目な印象を与えていきましょう。

仕事や日常的な話題のなかで、あなたの真面目な人間性を見せていくことも効果的です。

彼を理解し、執着はしない

自分のことを理解し肯定してくれる女性は、男性にとって手放したくない存在。

ここまでの段階をふんだなら、彼を肯定することも意識して、彼に自信を与えていきましょう。

彼の行動を否定しない、彼の言動をほめるといった行動は、彼を理解しているアピールになります。

理解してくれる存在として信頼を勝ち取ったら、思い切って彼と距離を置いて、彼に焦りを感じてもらいましょう。

彼に執着していない姿を見せることで、あなたの存在の大きさを実感する機会となります。

手放したくない気持ちから、彼女へと意識させていくことができるはずですよ。

ただし、しっかりと準備を進めてからでないと、彼が離れていってしまうかもしれません。

じっくりと時間をかけたのちに、この行動に移してください。

おわりに

セフレから彼女になることは、不可能なことではありません。

ただ、セフレになってしまった以上、彼の気持ちを変えていくための戦略と努力が必要です。

絶対に焦らず、正しい手順で。

彼の気持ちを変えて、彼女という名の幸せを勝ち取ってください。

また、ずるずるとセフレでいるよりも、期間を決めて彼女になれる努力をするというのもひとつ。

まずは、できるところからはじめてみましょう。

(白藤やよ/ライター)

(愛カツ編集部)