脈なしが脈ありになる

好きな彼に対して「脈アリなの?ナシなの?」と悩んでしまう女子も多いのでは?

一度脈ナシだと感じると、もうダメかも……と弱気になってしまうこともあるでしょう。

でも、男性が女子に対して感じる、脈アリ脈ナシは常に決定した状態ではありません。急に「いいかも?」と思うこともあるようです。

意識してなかった女子が、些細なことで恋愛圏内に入ったきっかけとは?

脈なしが脈ありになる

男性として「アリ」だと思われていたことに気づいた

「友達が紹介してくれた女のコ。正直、最初からそこまでいいと思ってたわけではなく、会話もそんなに弾まないので『この子も紹介されたからこうして会うだけなんだろうな』なんて思ってました。

でも、2回目のデートでさっと手をつながれて。単純だけど『触れるってことは、俺のことありなんじゃん』と思ったら可愛く見えてしまった」(25歳・男性)

「好かれたら好きになる」というのは、結構な男性あるあるのようで、女子からの好意を感じただけで「いいかも」となってしまうことも多いよう。

「好かれれば何でもいいの?」と思いきや、好きな気持ちにつけ込んでやろうというよりは、

自分のことをいいと思ってくれる女子が可愛く見える!というピュアな気持ちのほうが強いよう。

「好きバレしたら恥ずかしい」なんて言わず、好意はちょいちょい見せるほうが、脈アリ状態に近づきやすいですよ。

中身の濃さを知った

「恋活アプリでマッチした女子がいたんですが、『好きでもない人に品定めされるのキモい』と、アプリを退会しちゃったんです。彼氏ができたわけではなさそうなので、たまにLINEをしてみると、話がめちゃめちゃ面白い。

スタンプのチョイスも、たまに送ってくる写真もセンスがいいし、いろんなことに興味を持って毎日楽しそう。こんなコと付き合ったら楽しいだろうな……と、デートに誘って、頑張って押してる途中です」(30歳・男性)

最初は特に強い印象がなくても、だんだん相手のよさが見えてくることってありますよね。

このケースのように、アプリで知り合うことで恋愛相手としてアリかナシかの二択になりがちなところ、

気長に友達モードで中身のよさをアピールすることで、軽く見られず、普通の出会いかたをしたような扱いを受けるというのはある種の高等テクニックです。

合コンなど、何かと減点式で見られがちな出会いをした男性に効くテクニックと言えそう。

可愛くなった

「最初はパッとしなかったのに、突然可愛くなる子っているじゃないですか。ダイエットに成功したのか、男ができたのか、はたまた振られたのかはわからないけど。

とにかく、しばらく連絡を取っていない間に『なんか可愛くなった?』って子のことは、急に気になっちゃいますよね」(29歳・男性)

急に「いいかも!」と思わせるには、やっぱりルックスの変化が与える影響は見逃せません。

「結局顔かよ」と言いたくなりますが、男性はちょっとしたヘアメイクの変化や、時には「女らしい服を着た」だけでも「可愛くなった!!」と感激してくれることも。

細かい変化に気づかない男性も、雰囲気が変わったことには気がつきます。

いつも同じテイストの服、ヘアメイクで会うのをやめて、意識して毎回違うテイストのスタイルを取り入れると、急に彼が優しくなることもあるかもしれません。

男性の脈アリ度は簡単に変わる

一度相手をイヤだと思うとその評価を変えないことが多い女子に対し、男性の脈アリ度は些細なことで大きく変化します。

今のアプローチは効果が薄い……?と感じたら、ほかの方法で攻めてみると、急展開があるかもしれませんよ。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)