できれば起きてほしくない変化の一つに、結婚した相手のDV・モラハラ化があります。

DVが肉体的な暴力なのに対し、モラハラは精神的な暴力です。モラハラ夫を選んでしまうと、結婚生活が辛いものになるだけでなく、精神を病んでしまうことにもつながります。

優しかった彼がなんでこんな人になったんだろう……そんな思いはしたくないもの。彼はモラハラ夫になるか、できれば見抜いておきたいと思いませんか?

一つの見極め方をお教えします。

意識してモラハラするわけじゃないらしい

夫婦間のモラルハラスメント(モラハラ)は、相手の心を傷つける発言を繰り返したり、無視するなどして精神的に追い詰めることを言います。

交際中は優しい人だったのに、結婚したとたんに夫が行動や態度、言葉の暴力で人格否定をしてくるようになった……。

夫からのモラハラにあっている人は声をそろえてそう言います。

「見抜けないの?」と思いきや、結婚前にはそんなそぶりを見せない男性が大半です。

夫からのモラハラに耐えている女性が全員、男を見る目がないとは限らないし、男性が猫をかぶっていたわけでもありません。

そして、態度が激変したように見える夫も、意識的に態度を変えてモラハラを始めるわけではないんです。

モラハラ男が言う「あるキーワード」

そんな水面下に隠れたモラハラ男を、交際期間から見極めるための一つの基準があります。

それは、彼があなたに対して「女の子だから」という発言をするかどうかということ。

男性から「女の子なんだからお金なんて出さなくていいよ」「女の子なんだからわからないことがあってもいいよ」

こんなことを言われたことはありませんか?

初デートでこんなことを言われたら「優しいなあ」なんてときめいちゃいませんか?

でも、一見、彼のやさしさ・気配りに見えるこの発言が、彼に潜むモラハラ気質を教えてくれるんです。

被害者が口をそろえて「結婚したとたんに性格が変わった」と言うモラハラ男ですが、

実は彼らの中には一貫した「自分は特別」「彼女よりも自分が上」という信念があります。それが「女の子だから」という発言に現れるんです。

結婚後に態度が変わるワケ

ある意味差別的な発言の「女の子だから」。

まだ他人である交際期間は、「(俺より劣る・稼げない)女の子だから」とご馳走してくれたり、できないことなどを大目に見てくれるなど、それがいい方向に作用することが多いです。

でも、結婚後は、他人である彼女から、奥さんという身内になります。

「(俺より劣る)女が夫の言うことに反論するなんておかしいでしょ?」「(俺より稼げない)女なんだから共働きでも家事を完璧にやって当たり前でしょ?」に始まり「(俺の身内なのに)そんな当然のことができないお前はクズ」と、厳しく当たるようになるんです。

他人からは態度が激変したように見えますが、モラハラ男は一貫して「女は男より下」という基準で動いています。

ずっと「女の子だから」って言ってただろ?と、自分の行動に矛盾は感じません。

時には「人や状況によって態度を変えない正しい自分」に酔っていることもあります。

「君だから」って言ってくれる人がいいよ

女性であることが理由の特別扱いは、彼を一見優しそうに見せますが、
「君だから」ではなく「女だから」という理由は、あなたを一人の人間として見ていないからできること。

「彼は私を一人の人間として見てくれてる?」こんな振り返りも交際中から時にはしておいたほうがいいでしょう。

(中野亜希/ライター)

(愛カツ編集部)