友達以上ではあるけれど、はっきりと胸を張って恋人と言えるような関係ではない。

そういった曖昧な状態になってしまうと、どうすればいいのかわからなくなったりもするでしょう。

そこで今回は、「曖昧な関係」から抜け出す方法を紹介します。

思いきって「直接聞く」

曖昧で不透明な関係に不安や不満を感じているのであれば、そのままの状態でいるべきではありません。
不満が溜まって大爆発をする前に、思いきって直接男性に聞いてみた方がいいでしょう。

「私たちってどういう関係なの?」と聞いてみて、男性がどういう答えを出すのかによって、その先の付き合いを考えるのもひとつの方法。
「もちろん付き合っているよ」とはっきりとは言わずに、ごまかしたり話を変えようとしたりするのであれば、きっぱりと関係も終わりにするべきですよ。

「友達に会って」と言う

付き合っているのかどうか、よくわからないような状況にあるときには、「今度友達に会ってくれない」と言ってみるといいかも。
ただの遊び相手の女性の友達には、「面倒だしあまり会いたくない」というのが本音のはずなので、難色を示したりもすることでしょう。

また、逆に「今度友達にも会わせてよ」と言ったりするのも、同様に反応をチェックすることができるもの。
自分の身の回りの人たちに会わせたがらないようであれば、あなたへの本気度は低い可能性が高いので、そのままでは都合のいい相手にされてしまうだけですよ。

「エッチ」は一度控える

曖昧な関係のときに最もやってはいけないのが、エッチをしてしまうこと。
それでは本当に都合のいい女になってしまいますし、男性としても「別にわざわざ付き合わなくてもいいだろう」と考えるはずです。

もしも体の関係を持ってしまったとしても、曖昧な状況から本気で抜け出したいのなら、エッチは完全に一度控えるべき。
それによって態度が変わったり、会ってくれなくなったりするようであれば、体目当ての男性だったということなので、すぐにでも縁を切った方がいいでしょう。

「自分の気持ち」を伝える

男性も「好き」という思いを持ちつつも、それを言葉にはできずに関係を続けているという場合もあります。
奥手な男性や恋愛経験があまりないような男性であれば、気持ちを伝えるタイミングを見失ってしまったなんてこともあるかも。

なので、あなたの方から気持ちを伝えてみると、「俺もずっと一緒にいてほしいと思ってる」なんて言葉にしてくれる可能性もあります。
どちらも気持ちをはっきりとは伝えないままでいることが、曖昧な関係になったり、自然消滅を生んでしまったりもする原因にもなるので、ちゃんと言葉にすることはとても大切ですよ。

おわりに

曖昧な状態のまま、いつまでもズルズルと関係性を続けていくのは絶対によくありません。もしかしたら終わってしまうかもしれませんが、ちゃんと気持ちを確かめることは、逃げてはいけない部分ですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)