夫が夢中

恋人のときとは違い、夫婦になると毎日顔を合わせるうえ、いい意味でも悪い意味でも新鮮味がなくなるもの。

ドキドキを感じる機会も少なくなり、“人生のパートナー”という意識が強くなる傾向にあります。

そんな中、何年経っても夫から愛され続ける女性がいるのも事実。そんな女性たちに共通する特徴とは、どのようなものなのでしょうか。

夫が夢中

時間に関わらず見送り・出迎えをしてくれる

早朝に出かけ、深夜に帰宅するご主人をもつ人は、見送り・出迎えを毎日できていますか?男性にとっては、この“見送り・出迎え”もとても大切な行動のひとつなんだとか。

「僕の妻は、僕がどれだけ朝早いときでもきちんと起きて見送りをしてくれます。見送りだけでなく、帰宅が深夜になるときも“おかえり!”とお出迎え。

大変だから大丈夫だよ、といっても、結局毎日玄関まで来てくれるから、僕もいつも早く家に帰りたいなと思えるんですよね。

そんな風に自分のことを大切に思ってくれる気持ちが伝わると、夫婦になって時間が経っても自然と相手のことを大切に思い続けられる気がします」(36歳男性/SE)

見送り・出迎えは、時間帯によってなかなか難しいと感じる場合もあります。しかし、できる限り対応してあげることが、夫婦の絆を強くするコツ。

今まで意識していなかったという人は、見送りと出迎えを意識的に行なってみては?

夫婦になってからもきちんと“女”を意識している

夫婦になって長い時間が経つと、マンネリ気味になる場合も。いつまでも夫に愛されたいと願うなら、“女”を意識することがポイントのようです。

「いつも仲良しな友人夫婦。かたや、もう空気のような存在になってしまっている自分たち夫婦と何が違うのか、観察してみたんです。すると、気づいたのが“奥さんのきれいさ”。

特段美人というわけではないのですが、旦那さんの前でもきちんとメイクをして女性らしいファッションを身にまとっているのです。

旦那さんを男としてみているからこそできる、“女らしさ”の持続。旦那さんが奥さんラブなのも納得でした」(34歳女性/専業主婦)

男性にとって、自分のパートナーである妻にはいつまでもきれいでいてもらいたいと思うもの。

“自分の妻がきれいでいてくれる=自分を男としてみてくれている”という意識に、つながっていくようです。

夫から愛されたい!と思う人は、まず“女”を意識することから始めてみましょう。

夫にしっかりと尊敬の気持ちを抱いている

男性は、本能的に自分を立ててもらいたいと願っているものです。夫から愛されたいと願うあなたは、相手のことをきちんと尊敬できているでしょうか?

「奥さんのことが大好きな会社の同期。友達夫婦とは同じ大学に通っていたので、僕は奥さんのこともよく知っています。

彼女は、結婚した今でもとにかく彼のことを尊敬していて、はたから見ていても素敵な夫婦。僕も彼らのように、結婚しても尊敬しあえる夫婦になりたいなと思います」(35歳男性/美容師)

毎日一緒にいると、良い面だけでなく悪い面にも目がいくので、尊敬の気持ちを持ち続けるというのはなかなか難しいことです。

しかし、一生添い遂げると決めたパートナーには、必ず尊敬できる一面があるはず。相手を尊敬することは、一生“愛され妻”でいるための重要なポイントです。

歳を重ねても愛される妻でいよう

長い時間一緒にいても夫から愛される妻でいるためには、相手のことをしっかりと尊重することが大切です。

“いて当たり前”ではなく、“一緒にいられることに感謝”することが、いつまでも夫から愛される妻になるためのポイント。

愛され妻になりたい人は、夫婦でいられることへ感謝の気持ちを持てるといいかもしれませんね。

(愛カツ編集部)