何とも思っていない男性からは好かれるのに、肝心な好きな男性からは好きになってもらえない。

そんな悩みを抱えている女性は、意外とたくさんいるのではないでしょうか。

そこで今回は、好きな男性には好きになってもらえない原因を紹介します。

「振り向いてもらえない」から好きになる

自分の方へとなかなか振り向いてくれない男性のことは、どんどん追いかけるような形にもなりがち。

そして、追いかければ追いかけるほど、「好き」という思いは大きく増していくものでもあります。

なので、簡単には成就しない恋だからこそ、より一層好きになってしまうという現象も起こりやすいのです。

男性は追いかけられるよりも追いかける恋愛に夢中になるものなので、過度にアプローチをしすぎると、キープの女性にされたり、面倒に思われたりなど、あまりいい結果は生みにくいものですよ。

肩に「力が入りすぎている」

好きな男性に対しては、誰だって気合いの入った対応をするものでしょう。

でも、あまりにも肩に力が入りすぎていると、それだけで男性はちょっと引いてしまいます。

自分も大好きな女性であるならいいですが、まだそこまでの好意や関心を持っていない女性に、いきなり気合い全開で向かってこられても対応に困るだけ。

「すぐにでも付き合いたい」という気持ちもわかりますが、徐々に距離感を縮めていって信頼関係も築いていくことが、ちゃんと交際まで発展させる一番の近道でもありますよ。

片思いで「待っているだけ」である

好きな男性に片思いをして、ただうまくいくのを待っているだけでは、状況はなかなか変わらないはず。

相手もあなたに興味があるならまだしも、全くそんな様子が見えないのであれば、待っていてもどうにもならないでしょう。

まずは、自分が好意を持っていることだけでも、それとなくでいいので示すようにしないと、男性はあなたを意識すらしてくれません。

話しかけるようにしてみたり、それとなく褒めてみたり、軽く飲みに誘ってみたりなど、なんでもいいので自ら動くようにしないと、いつまでも「好きな人からは好きになってもらえない」状態を卒業できませんよ。

「素の自分」が全く出せない

「好きではない男性ばかりに好かれる」という女性は、好きな男性の前では素の自分を全く出せていない可能性が高いです。

好きすぎてかしこまったり、硬くなりすぎているからこそ、男性には面白みや人間味のない女性に見えてしまっているのかも。

男友達や特に関心を持っていない男性たちとは、フランクに話せたり付き合えたりできるので、逆に好かれたりもするのでしょう。

素直な女性や飾らない女性というのは男性には魅力的に見えるものなので、あまり作り込み過ぎずにナチュラルな自分を見せた方が、恋愛へも発展しやすいものですよ。

おわりに

「好き」という気持ちが大きくなりすぎているからこそ、好きになってもらえないという可能性もあります。

一度は冷静になって状況をちゃんと把握するというのも、恋愛においては重要なことですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)