誘いたくなる女

カレにいい女だとみなされ「今夜この子を抱きたい」と思われたら嬉しいですが、ただヤリたいだけ、はイヤですよね。

今回は、カレがデート中にラブホなどではなく、自宅という自分のテリトリーに彼女を呼んできちんと愛し合いたい、と思う瞬間を4つ紹介します。

誘いたくなる女

①カレが大人なデートプランを立てた時

ちょっぴり濃い目テーマの映画を見て、タクシーで高級隠れ家レストランに移動。コース料理の後、改めてワインバーへ……。

カレがしっかり計画したこんな「大人なデートプラン」の最後は、「自宅の部屋で一晩一緒に……」といった気分になりやすくなります。それも、プランに含まれている場合もあります。

大人デートは通常、自分がいい男であり、彼女がいい女である、という設定で計画されます。

より男女のロマンスを意識しやすいシチュエーションなので、カレはあなたを抱きたくなるのです。

大人な気分の時、ラブホという選択肢はあまりありません。カレのお洒落な自宅、あるいはワンランク上のシティーホテルがイメージされるはずです。

②前回のデートよりもラブラブ度UPな時

これまで食事デートしかなかった二人だったのに、自然と手をつないだ、初めてキスをした……という進展が。

このように、前回のデートよりもラブラブ度が上がっている時、カレは「このままこの子を家に持ち帰りたい!」という気持ちになっている可能性大です。

やはり男性には本能があります。親密度が上がっている時、その先まで進みたい! という欲望はどうしても起こってしまうものです。

この時、ラブホを提案するのでは、なんだかヤリたいだけの男、という印象を与えてしまう可能性があります。

男性は紳士的である自分、を好きになってもらいたいものです。「その先」まで進みたければ、自宅に寄ってもらうことを考える男性が多いはずです。

③デートでデパ地下を回遊している時

デート中デパ地下を一緒に回遊している時、カレは「このままこれ買ってうちに帰ろう、そしてその後愛し合おう……」という発想になることがあります。

デパ地下のお惣菜は日常のちょっとした贅沢です。そして、ラグジュアリーな気分とロマンスは切っても切れない関係です。

デパ地下回遊中、カレは自宅に保管してある「とっておきのワイン」を開けて、あなたと一緒に特別な時間を過ごすことを妄想しているかもしれません。

カレとの関係を一歩進めたい時に、デパ地下デートはおすすめです。「これ食べた~い! 今(笑)」なんて言ってテイクアウトに誘導するのも〇。

④あなたに改めてドキリとした時

デート中、あなたに改めてドキリとした時、カレは「今夜はこの子を部屋に泊めたい」と思っているかもしれません。

あなたからいい香りした、体の密着度が高かった、また、あなたの優しさに愛を感じた……こんな場面で、男性は想定外にドキリとさせられてしまうことが。

まだ友達以上恋人未満の関係、とか、すでに付き合っていてマンネリ、であったあなたを突如「抱きたい」と思ってしまうのです。

この時の「抱きたい」には、純愛の気持ちが含まれています。性行為のイメージガッツリのラブホテルよりも自宅に呼びたい……と思ってくれるはずです。

彼女の色気xカレの中での物語がカギ

いかがでしょうか。男性が「抱きたい」と思うには、最低限あなたのことを女性だと意識していなければなりません。

また、男性はロマンティックなデートの延長であったり、愛を深めたい、と思った時に「ラブホテルよりもいい場所で愛し合いたい」という発想になります。

男性は、ロマンチストなのでストーリーを大切にするのです。普段からカレを「大人の男性扱い」し、心も体も温まるおうちデートに誘導しましょう。

(ちりゅうすずか/ライター)

(愛カツ編集部)