手つなぎテク

手をつなぐという行為は、ふたりの仲や関係性を急速に縮めてくれるものでもあります。

だからこそ、たまには大胆なつなぎ方ができたりすると、間違いなく男性の心をつかむことができるでしょう。

そこで今回は、男性を胸キュンさせる「手つなぎテク」を紹介します。

手に「息」を吹きかける

手つなぎテク

冬場のデートであれば、寒さで手が冷え切ったりもするでしょう。

であれば、その寒さを利用して手をつなぐこともできますし、つないだあとに息を吹きかけたりすることも、割と自然な流れの中でできるはず。

女性が冬にかじかんだ手をフーフーと温める姿は、男性が思わずキュンとなるしぐさでもあります。

しかも、自分と手をつないでいるときに、自分の手まで一緒にフーと温めようとしてくれたりしたら、男性はもうメロメロ状態になってしまいますよ。

つないだ手を「膝の上に置く」

手をつなぐという行為は、一緒に外を歩いているときにするのが普通であるでしょう。

でも、ときには並んで座っているときにも、思いきってつないでみるのもいいかも。

お酒を飲んでいるときや映画を観ているとき、電車に乗っているときなどに、さりげなく手をつないで、その手を膝の上に置いたりすると、男性はかなりドキドキするはず。

やわらかな手と太ももの両方の感触を味わえる最強のボディタッチでもあるので、男性の興奮スイッチを入れたい場合にはオススメのテクニックですよ。

そっと手を「握り返す」

まだ当たり前のように手をつなぐような関係になっていないときは、手をつなごうとするだけでもかなりドキドキするもの。

なので、そんな状態のときには、手をつながれたあとにそっと握り返してあげると、よりドキドキ度が増すでしょう。

また、握り返してもらうと、受け入れてもらえた感じもするので、次からはすんなりと手をつなげるようになったりもします。

ギュッと握り返したり、握ったまま軽く手を振ってみたりすると、その可愛らしさや無邪気さに、男性はキュンキュンしちゃうはずですよ。

「恥ずかしい」とちょっと照れる

男性は女性の恥らう姿にドキッとするし、可愛らしさを強く感じたりもするものです。

なので、男性から手をつながれた際には「恥ずかしいな」とちょっと照れた様子を見せたりするといいかも。

ただ、それが「手をつなぐのを嫌がっている」ように捉えられてしまうと、かなりの逆効果になっていまいます。

うれしそうに笑顔で言うことと、自分から手を離そうとはしないことが重要なポイントなので、それは絶対に忘れないでくださいね。

おわりに

手のつなぎ方ひとつで、男性をドキドキさせたり、ちょっと刺激を与えたりすることもできたりします。

冬場のデートでは手をつなぐ機会も増えるでしょうから、ときには少し大胆にアプローチしてみたりするのもアリですよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)