愛してる態度

彼の自分への愛情がどれくらいあるかって、気になりません?

もちろん、彼の性格や二人の関係性によって愛情表現は異なるでしょうが、“好き”を超えて“愛している”になったらエゴが少し抜けるので、男子の言動も良い方向へ変わるものです。

そこで今回は、彼女が大好きでたまらない彼の言動をご紹介します。

好きを超えて愛しちゃうと、彼も彼女の前ではこうなっちゃいますから……!

愛してる態度

LINEやデート、スキンシップなど接触回数が増える

もちろん、ラブラブなカップルは交際当初からLINEやデート、スキンシップは多いでしょう。

でも、“愛してる”ではなく“好き”の段階だと、彼の性格にもよりますが、気分次第でたくさんLINEを送ったり、気分が乗らないから返信を後回しにしたり……とムラが出がち。

けれど“好き”を超えて“愛してる”になると、変なムラもなく、一定してLINEもデートもスキンシップもやや多めになります。

愛している状態ってバカップルっぽく大いに盛り上がることはないですが、緩やかに、常につながっている状態になりすいです。

あなたが不安がったり寂しがるようなことは極力しない

“好き”な状態って意外と不安定な関係ですよね。

もちろん、彼の性格にもよりますが、彼女がいても友達に合コンに誘われ普通に参加しちゃう男子もいれば、『彼女のことは好きだけど、まぁいっか! バレることもないだろうし!』と平気で浮気をやってのける男子もチラホラ……。

正直、彼女が悲しむことを平気でするって、少なくとも“愛している”状態ではないですよね……?

彼女のことは好きだけど、愛しているのは自分自身だから自分の欲に忠実に動いているんです。

本当に彼女のことを愛しているのなら(参加したところでバレないけど)、合コンに参加しないし、浮気になんて興味を示さないはず。

本当に彼女のことを愛している彼なら、彼女が不安がったり寂しがったりするようなことは最初からしないですから。

意地を張らずに謝れる

彼女とケンカして、明らか自分が悪いとわかっても意地を張って謝らない男子もいますよね……。

いい年こいて自分が悪いとわかっているのに折れないって、人間としてどうなの? という疑問ですが、そこまで相手のことを想っていないから素直に謝れないということもあります。

けれど、彼女のことを本当に愛している彼なら自分が悪い時はすぐに謝るし、仮に言い合いになっても自分が折れて彼女に譲ったりしますから。

愛している彼女の前では男子はやや弱いし優しいです。

自分が悪いのに謝ることもせず、彼女が根負けするのを待つ彼氏は、彼女ではなく自分のことを愛しているだけ。ただの自己愛の強い自己チューです。

彼女ファーストは愛してる証拠

“好き”を超えて“愛してる”になったら、ちょっとエゴが抜けてやや彼女中心な言動になったりします。

なので、彼が何かとあなたを優先してくれるのなら、愛されていると自信を持って大丈夫ですよ!

(美佳/ライター)

(愛カツ編集部)