LINEの上手な終わらせ方

好きな男性とLINEをしているときには、いつまでもずっと話していたいと感じるはずです。

でも、長すぎるLINEは男性に苦痛を与えることにもなりかねないので、終わらせ方も大事になってきます。

そこで今回は、男性の心をつかむ上手な「LINEの終わらせ方」を紹介します。

LINEの上手な終わらせ方

「明日早いよね、ごめん」

LINEでの会話が長くなってきたときには、「明日早いよね、ごめんね」とか「疲れてるのにごめんね」といった気遣いを見せることが大事。

楽しい時間だからといって、相手の状況も考えずにいつまでも話し続けたりすると、さすがに「まだ終わらないのかな」なんて男性にも思われてしまうはず。

「そろそろ終わりたい」と思っていても、男性はなかなかそんなことは言い出せなかったりもするものです。

だからこそ、終わりに対する気遣いもちゃんと持ってくれている女性であれば、「この子とはまた話したい」と感じてくれることでしょう。

「もうちょっとだけいい?」

気になる男性とのLINEであれば、「ずっとずっと話していたい」と感じたりもするはず。

であれば、その気持ちをさりげなく伝えることで、あなたの抱いている好意にも気づいてもらえるでしょう。

ちょっと会話が長くなってきたときに、「もうちょっとだけ話しててもいい?」なんて言うだけで、男性をドキッとさせることもできます。

ただ、そこからさらに長話をしてしまったら全く意味がないので、「本当はもっとあなたと話していたい」という気持ちを伝えられたら、適度なところで切り上げるようにしてくださいね。

「詳しくは会って話すね」

例えば、気になる男性に悩みを相談したりするときに、そこで全てを打ち明けてしまうとそれで終わってしまいます。

そうではなくて、ある程度まで話すことができたら、「詳しくは会ったときに話すね」なんて言って話を終わりにするのもテクニックのひとつ。

話が長引かせないことで男性に苦痛を与えずに済みますし、話の続きが気になって、あなたのことを考える時間も必然的に増えるはず。

また、それを口実にして会う約束をしたり、一緒に食事をしたりするチャンスをGETできる可能性だって大いに出てくることでしょう。

「聞いてもらえてよかった」

LINEで色々と会話をしたのなら、最後にきちんとお礼を言うようにすると、いい印象を与えたまま終われるはず。

最後の最後に与えた印象は、最も深く残りやすくもあるので、ものすごく大事なポイントであると言えます。

「○○くんに聞いてもらえて本当によかった」とか「○○くんに話せたおかげでスッキリできた」といったひと言は、男性のプライドをかなりくすぐることができます。

特に、相談をしたりアドバイスをもらったときには、ただ「じゃあね」と終わらせるのではなく、「あなたのおかげで助かった」という意味合いの言葉を伝えるのがベストですよ。

おわりに

LINEでダラダラと長話をするよりも、ひと盛り上がりしたところでスパッと切り上げた方が、男性は「もう少し話したい」と感じたりするもの。

長くつながっていることが、必ずしもプラスになるとは限りませんよ。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)