我慢できません!彼が「いますぐキスしたい」と思う瞬間とは?

ふたりの愛をたしかめるための、キス。

デート中も1回くらいはキスしたいのに、彼からまったくしてくれなくて、ガッカリしたことはありませんか?

とくに付き合いが長くなってくると、「セックスはするのにキスはおざなり……」なんてことも多いようです。

できれば、ときめくようなキスをして、しあわせを噛み締めたいですよね。

そこで今回は、彼が「いますぐキスしたい」と思う瞬間についてご紹介します。

我慢できません!彼が「いますぐキスしたい」と思う瞬間とは?

1.くちびるをじっと見つめられたとき

「彼女がじっとくちびるを見つめているので、逆に俺のほうが気になってきちゃって。

人がいるにもかかわらず、『なんかキスしたいかも……』とムラムラしてきちゃいました」(20歳/大学生)

友達や知らない人にやっていたらヤバい人と思われそうですが、彼氏相手なら全然OK。

むしろこれくらいわかりやすいアプローチじゃないと、気付いてもらえないかもしれません。

物欲しそうにくちびるを見つめていれば、きっと彼のほうから「どうしたの?」「キスしたいの?」と言ってもらえるでしょう。

2.手や胸が当たったとき

「となりを歩いていて、俺の腕に彼女の胸が当たったとき。

彼女は気にしていないみたいだったけれど、『いますぐ押し倒してキスしたい!』とエロスイッチがオンになった」(31歳/販売)

となりにいるときはなんとも思わなかったのに、ちょっと体が触れただけで急に相手を意識してしまうことって、ありますよね。

仲良く手をつなぐのも良いですが、あえて一瞬だけ手や胸を彼に当ててみるのも、テクニックとしてはアリかもしれませんね。

3.密室に入ったとき

「外にいるときはなにも思わなかったんだけれど、彼女とカラオケに行った途端、キスしたくてしょうがなくなった。やっぱり密室はダメですね」(22歳/大学生)

人混みではそこまで欲求は出ないもの。

手っ取り早く甘いムードにしたいのであれば、ふたりきりになるのが一番でしょう。

ふだん外出デートが多いという人も、たまにはおうちや、個室のお店などで、密室デートをしてみましょう。

ひさしぶりに、彼とたくさんキスができるかもしれませんよ。

4.プルプルの口元を見たとき

「グロスでプルプルになったくちびるで、楽しそうに話している姿を見たとき。

なんだか無性にエロい気持ちになって、彼女のくちびるから目が離せませんでした。」(26歳/不動産)

ツヤっぽいくちびるって、なんとも言えないセクシーさがあります。

しかも人は動くものに目がいくので、自然と気になってしまうもの。

彼女のくちびるを見ているうちに、「キスしたいな~」と思うようです。

おわりに

「付き合いたてでラブラブ!」という場合なら、なにもしなくても、彼からキスをしてもらえるでしょう。

でもマンネリ化が進んでいるのであれば、自分からしかけていったほうが良いかも。

そのほうが彼をムラムラさせることができるので、より濃厚なキスができるはずですよ。

(和/ライター)

(愛カツ編集部)