モテ女子はみんなやっている!彼とケンカしたあとの行動5つ

大好きな彼とケンカしてしまい、険悪なムードに……。

モテ女子は、そんなときでも冷静に、恋愛を継続させる行動をとっています。

今回は、そんなモテ女子がこっそりやっている5つの行動をヒントとしてお伝えします。

モテ女子はみんなやっている!彼とケンカしたあとの行動5つ

行動1:仲直りのきっかけを決める

モテ女子は、ケンカして険悪なムードになった場合、とりあえずその場をはなれます。

頭をすぐに冷やして、仲直りのきっかけをどうするか、計画を決めるのです。

そうすることで、「いつ連絡したらいいか悩む」といったようなイライラ、不安から解放され、ケンカが尾を引きづらくなります。

モテない女子はもずっとどうしようか悩んでいる時間が長く、その間に彼が浮気をしたり、気持ちが離れていってしまいます。

行動2:彼に仲直りのきっかけを与える

ケンカのとき、いっさいの連絡をしないと、どちらかに非があるのがあきらかな場合をのぞいて、ずっと平行線をいってしまいがち……。

男子はプライドが高く、理屈で考える生き物なので、納得できないと謝ってきません。

モテ女子は、そのことを理解して、こっそり彼にチャンスを与えます。

自分から連絡を取るようにしたり、反対にそっけなくしたりなど、暗に「連絡して」といったアピールを行います。

彼にもまだ気持ちがある場合は、「ごめんなさい」「また仲良くしよう」などといった言葉を発しやすくなるため、

関係も良好になりやすく、おたがいに素直に解決に向かえるでしょう。

行動3:無理に会わない

モテ女子はケンカのあと、無理に会おうとはしません。

どうしても気持ちの整理が必要になりますので、それができるまでは会わずに、頭を冷やすのです。

その徹底ぶりは、男子から会いたいという連絡がきても、準備ができていない場合は応じないほど。

下手に会って、ケンカがぶり返して恋愛が終わってしまう……。

そんなケースが少なくないことを、モテ女子は理解しているため、

無理に会うよりも、LINEや電話で連絡を取りあうことを優先し、おたがいに気持ちが落ち着いてから、顔を合わせる。

そうすることで、たがいに冷静に向き合えるため、よくないところは反省していけるのです。

行動4:なあなあにしない

モテ女子は、恋愛継続のためにもしっかりと、ケンカの決着をつけることが大切だと理解しています。

仮にその場をなあなあでやりすごしたとしても、原因が解決していなければ再発する可能性が高いもの。

恋愛がいつ終わるかわからない、そんな宙ぶらりんな状態が続きます。

モテ女子は、ケンカの原因がしっかり解決するまで、そのきっかけをつくって、根気強く待っています。

形だけの恋人どうし、という不安定な関係が続くことが大切ではなく、おたがいに深く信頼しあえる関係を継続することが重要です。

行動5:エッチのチャンスを与える

ケンカのわだかまりをエッチで解消する。

モテ女子は、おたがいの気持ちが遠のかないように、ときにはそういう行動を取ることがあります。

おたがいある程度、心のわだかまりが解けたうえで、信頼関係の再確認という位置付けで行うようです。

ケンカがきっかけでさらに恋が深まる、モテ女子はそんな可能性も考えたうえで、男子にチャンスをこっそり与えています。

モテ女子は、「無理に会わない」など、おたがいの気持ちのすり合わせを徹底しているので、

「なあなあでエッチをして、なんとなく解消」といったあいまいな方向には、けっして進みません。

そういう芯の強さが、「モテ女子」のいちばんの魅力なのかもしれません。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

ケンカが原因で恋愛が終わってしまうケースは、よくあります。

ついケンカをしてしまったときや、彼との恋愛を終わらせたくないと感じたときは、

今回のヒントをぜひ参考に、行動を起こしてみてくださいね。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)