隠れエロ度

あなたは飲み会などでたくさんの人と接しているうちに相性の悪い人と出会ってしまい、嫌な思いをしてしまいました。

そんな時、どんな方法でストレスを発散しますか?

この心理テストで分かることとは……?さっそく見ていきましょう。

隠れエロ度

1:友人とカラオケで思いっきり騒ぐ

友人とカラオケで思いっきり騒ぐという人は隠れエロ度はかなり高め。

友人を巻き込んで身体を動かしたり声を出してストレスを発散するという人は一番であることで満足するタイプ。相手を服従させることで自分の魅力を再確認したり、喜びを感じるドSタイプ。

採点を求めて競い合うという場合はさらに自己顕示欲が強く、自分の存在をアピールしたい傾向が強いと言えそうです。

2:一人お風呂でゆっくりリラックス

嫌なことがあったときに1人で癒やしを求めてお風呂につかりゆっくりとした時間を過ごすという人は、「自分さえ我慢すればいい」と思っているドMタイプ。

自制心の強さや感情を押し殺すことに密かな喜びを感じている可能性もあります。隠れエロ度は真ん中あたり。

こういったタイプは押しに弱く、求められたら嫌とはいえない傾向があるようです。

しかし、本人も求められることにまんざらでもないといった感じ。

ハードなセックスよりもムード重視のエッチを好む傾向があるようです。

3:カフェで友人にグチって発散

カフェや居酒屋などで友人にグチって発散するという人は隠れエロ度はかなり低めな人。

人に話を聞いてもらう行為というのは自分の存在を確認してもらいたい、自分の気持ちを知ってもらいたいという気持ちの表れだと考えられます。

このタイプの人は少し飽きっぽい一面があり、浅く広くといった人間関係を構築しがち。

そのため、束縛などはするのもされるのも苦手といったタイプ。

サバサバしている人の多いので、エッチにどっぷりはまってしまうことはあまりなさそう。しかし、経験人数は多い傾向にあるようです。

4:自分の行動を省みて一人で反省

自分の行動を省みて1人で反省するという人は隠れエロ度がやや高め。

まじめで努力家な一面があり、探究心なども持ち合わせています。

そのため、テクニシャンだったり少し変わったプレイが好きだったりもします。激しく身体を求め合うというよりもむっつりスケベなタイプ。

しっかりと相手を好きになってから身体の関係を求めたいと思っているのですが、その真面目さがエッチに対する率直な気持ちを抑圧してしまい、かえってド変態を育ててしまうことも。

まとめ

いかがでしたか?

今回は隠れエロ度が分かる心理テストをご紹介しました。

ストレスがたまったときにどのように発散したいと思うかでその人の本能が求めている癒やし行為が分かったりもします。

気になる人がいたらぜひこの心理テストを試してみてください。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)