長続きするカップル

好きな人ができたり、いい人との出会いがあると気になるのが相性ではないでしょうか。

短い付き合いで終わってしまうよりも長続きする関係でいたいと思うのは自然なことですよね。

どんなカップルが長く続くのかその特徴をご紹介します。

長続きするカップル

1:お互いに理想が近い

恋愛で理想的な恋人を求めるのはよくあること。しかし、それが一方通行だとそれほど長く続かないことがあるようです。

「俺にとって元カノって理想的な人だったんですけど、元カノからすると、俺は理想的な人じゃなかったみたいなんですよね。だから、“こうして欲しい”とかの要求が多くなってきちゃって、付き合うのがつらくなって別れました」(Iさん・26歳男性/飲食関係)

お互いがどれくらい相手に納得しているか、これによって関係のバランスが崩れてしまうことがあるようです。

自分にとって理想的な相手でも相手にとって自分が理想的な相手がどうかも確認しておいた方がいいかもしれません。

2:乗り越えるべき困難が一つある

乗り越えるべき困難が1つあるというのも関係が長く続く特徴のようです。

「私が唯一3年続いた恋愛は、相手の母親が交際に反対していましたね。だから、なんとかしてそれを乗り越えようとして2人で協力したりして絆が深まった気がします。今では旦那です」(Tさん・30歳/主婦)

遠距離恋愛であるというのも乗り越えるべき1つの困難な様子。

そればかりではなく、実家が遠いというのもどうやらその条件に当てはまるようです。

しかも、注意してもらいたいのは2つあると今度は挫折して別れてしまう可能性が高いということ。1つというのがポイントのようです。

3:状況の変化が起きにくい

長く続くカップルというのは2人を取り巻く状況の変化が起きにくいという特徴があるようです。

「進学とか転職とか、そういう変化があるとその変化の少し後に別れていることが多いですね。逆に私生活が2人とも安定している時って長く続いてますね」(Aさん・27歳女性/医療関係)

2人の関係だけでなく、相手や自分を取り巻く環境の変化が少ない時期というのは恋愛が長続きする傾向があるようです。

新しい出会いの少ない時期と考えると納得できますね。

逆に変化があっても別れることなく続いているカップルというのはそれだけ絆が強いと言えるかもしれません。

4:似ているところが多い

最後に紹介するのは共通点が多いという特徴です。

「振り返ってみると、性格とか生活とかが正反対の人とは長くは続かないですね。逆に似ているところが多い人って言うのは続いていることが多い」(Dさん・26歳女性/歯科助手)

恋愛はお互いに似ているところを見つけあって相手を好きになるという特徴があるようです。

逆に違いを認め合うと愛が深まるという傾向がある様子。

似ているところが多い人の方が居心地がいい相手だと考えると納得できます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は長く続くカップルの特徴をご紹介しました。

これ以外にも長く続くかどうかを確かめたかったら誠実な人であるかを確かめるといいかもしれません。

それだけではなく、自分も相手と同じくらい誠実な人間かどうかも重要になってきます。

関係を壊すのは相手ばかりとは限りません。お互いのバランスが大切なようです。

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)