気になる女性がいたとしても、「ちょっと無理そうだな」と感じたら、男性は引いてしまうもの。

でも、普段から取っている何気ない行動で、男性にそんな風に思わせてしまっていることもあるのです。

そこで今回は、「俺には無理かな…」と思わせちゃう言動を紹介します。

あまりにも「面食いすぎる」

「イケメン好き」を普段から公言していたり、カッコイイ男性と一緒にいることが多い女性。
こういった女性には、たとえ好みのタイプであっても、男性はなかなか声がかけられないもの。

自分のルックスに自信がある男性じゃないと、「俺じゃ相手にされないだろうな」と腰が引けてしまうことでしょう。
誰だってカッコイイ男性は好きでしょうが、そこばかりをアピールすると、自分のハードルをどんどん上げていくことにもなるので、恋愛のチャンスだってその分減っていくことになりかねませんよ。

「怒り」を抑えられない

すぐに感情的になったり怒り出したりするような女性は、男性が最も苦手に感じるタイプの女性でもあります。
ヒステリックな印象も受けるので、「できるだけ関わりを持たないようにしよう」と考えたりもするかも。

怒るべきときには怒ったり、ちゃんと自分の意見を主張するのはとても大事ですが、ちょっと気に食わないことや思い通りにいかないことがあっただけですぐに怒り出すのはよくありません。
いつも怒っているようなイメージがついてしまうと、そのインパクトはかなり大きなものでもあるので、簡単には払拭もできなくなりますよ。

ベラベラと「何でもしゃべる」

おしゃべり好きでいつでも常に誰かと話をしているような女性は、友達としては楽しい相手かもしれません。
ただ、恋人にしたい女性かと言われると、その点は首をひねってしまう男性も多いでしょう。

しかも、エッチな話や下品な話、人の悪口や噂話など、何でも赤裸々にしゃべる女性だったりしたら、男性は引いてもしまうもの。
そんな女性のことは異性としても意識しにくいですし、「こんな子と付き合ったら全てをバラされてしまう」という恐怖だって感じるはずですよ。

「自分の話」をあまりしない

自分のことをあまり話してくれない女性には、男性はなんだか壁のようなものを感じるはず。
自分には心を開いてくれていない印象を持つので、なかなか距離も縮められないし、誘い出すキッカケもつかみにくいです。

例えば、会社の同僚男性とは仕事の話や職場の話をすることが当然多くなるでしょうが、多少はプライベートの話もしたりしないと、仕事とプライベートを完全に切り分けているようにも見えてしまうもの。
「私の話なんて特におもしろくもないし…」なんて思いもあるのかもしれませんが、せめて気になる男性には自分の話もしていかないと、興味だって持ってもらえませんよ。

おわりに

男性に「俺には無理かな」と思われてしまうと、なかなか素敵な恋愛をつかむこともできなくなります。そんなことにならないように、今回挙げたような言動には特に気をつけてくださいね。

(山田周平/ライター)

(愛カツ編集部)