いい女に見せるテク

同窓会や突然の再会をきっかけに元カレと会うことになったら、過去とは違う今の自分を見て「いい女になったな」と思ってほしいものですよね。

そんな時におさえておきたい3つのポイントをご紹介!

元カノの現在にときめいた経験のある男性の体験談を交えて見ていきましょう。

いい女に見せるテク

“自分に似合う”メイクや服で勝負

「仕事仲間のつながりで5年ぶりに元カノと再会。付き合ってた頃は流行りに敏感でちょっぴり個性的なタイプだったけど、彼女の優しい顔つきを生かす化粧で大人になったなあと……服装も落ち着いたせいか、大人の美しさを感じました」(25歳/医薬品メーカー)

“似合わせる”から“似合う”にシフトしたメイクや服で勝負すれば、自分自身の魅力をしっかり引き出すことができます。

「あの頃と雰囲気違っていいな」と元カレに思わせることが狙い。

元カレとの再会が決まったら、自分に本当に似合うメイクや服を見直してみるのもよさそうですね!

付き合っていた過去に“感謝”

「遠距離がきっかけで別れた元カノに再会したとき、“あの頃○○くんと付き合った経験があるから、今があるんだなって思う。ありがとね!”と言われました。元カノの明るい表情から幸せそうな様子が伝わってきて……自分と付き合ってた過去に感謝されるとは思ってなかったので、ほんといい女になったな~と実感しました!」(28歳/薬剤師)

付き合っていた過去を乗り越えて元カレと普通に接することができる女性もいると思いますが、大切なのは感謝を言葉で伝えること。

普通に接することよりも、言葉で感謝を伝えたほうが元カレの心にしっかりと響きます。

より“いい女度”を上げたいなら、言葉で明るく感謝を伝えてみませんか?

元カレとのやりとりの中で“過去とのギャップ”をアピール

「付き合ってるときは尽くすタイプでどことなく必死さも感じられる元カノだったけど、この前再会したとき帰り際に、“また会いたいって言ったらどうする?”って!過去とのギャップに思わずときめいてしまいました。いい女になった元カノの今に興味津々です」(25歳/運送会社)

付き合っている頃はカレへの気持ちが前に出て、何かと尽くしたり必死になったりしてしまうもの。

そんな女性ほど、再会したときの落ち着きや余裕が際立って見えるようです。

過去とのギャップを元カレとの会話やLINEでアピールすれば、「今はどんな女性になったんだろう?」とあなたに興味深々になるかもしれませんよ♡

今の輝きを元カレに伝えよう

一度は好きになった男性に、「いい女になった」と思ってもらえるのは女性として気分がいいですよね。

せっかくなら過去よりも輝いているあなたの姿を元カレにアピールしましょう!

あなたの今にときめいた元カレとの間に、“復縁”の2文字が浮かび上がる可能性も出てきますよ♡

(愛カツ編集部)