ボディタッチ

新年会で男子にボディタッチされましたか?

「今年もよろしくぅ」なんて景気のいい声をあげながら、さらっとあなたの腰にタッチしてきた男子がいたら……彼はただのスケベです。

と言いたいところですが、男子が女子にボディタッチする意図は複数あります。ご紹介しましょう。

ボディタッチ

クセ

ふだんはボディタッチしてこないのに、お酒の席でボディタッチしてくる男子っていますよね。女子にもいるけど。

そういう人は、根が人懐こいだけで、それ以上の意図はない――つまりクセでボディタッチしてくるということもあります。

もちろん、解釈の問題だから「そのクセの中にスケベ心が含まれているだろう」という見方もできるわけだけど……。

まあ、男子がボディタッチしてくる意図のひとつは「ただのクセ」というのもある、ということです。

どこまで許してくれるか探りを入れている

このケースが意外と多いかもしれません。

男子は、女子がどこまでのことを許してくれるのかを知りたいと思っています。つまり、その女子がどこまでエロに寛容なのかを知りたいと思っています。

それを知らないまま彼女を口説くのは、ブレーキのない車を運転するようなもので、非常に危険なのです。セクハラで訴えられたくないし。

それに「彼女のエロの限界値」を知ると、男って安心するという妙な習性を持っています。

何が安心するのか、うまく言葉にできないのですが「ああ、この子はこういう子なのね」というのがわかると、安心するんですよね。

だから彼は、あなたの二の腕にさらっとタッチするのです。で、あなたがまったくイヤそうな素振りを見せないと、背中にタッチして腰にタッチして……腰がOKなら太もももOKだろうと踏んで、彼女を個室居酒屋に誘い、太ももにタッチして怒られる、と。

女性の”OK”率が上がると思っている

ごく一部のスケベな男が編み出したことなのか知りませんが「女子にボディタッチすることで、女子に『今夜この人と夜を過ごしてもいい』と思わせる効果がある」と言っていた男がいました。

彼はお酒の席で、彼女の肩や腕に何回も軽くタッチするんだそうです。で、2時間くらいたったとき……「これからホテルに行こうよ」と言うと、女子がOKする確率がじゃっかん上がるそうです。

本当かどうかはさておき、こういった効果を期待してボディタッチする男性もいるようです。

いかがでしょうか。

ストレートに「今夜お持ち帰りしたい!」とボディタッチする男性ももちろんいるでしょう。

それ以外の上に挙げた例のなかで、男子の特質をよく表しているのは2つ目の「許可」なんですよね。

男子は、女子に許しを得ないと恋が前に進まないと思っている節があります。

「わたしの髪にタッチ?してもいいよ」「腰にタッチ?OKだよ」「胸?付き合ったら触ってもいいよ」などと、女子から逐一許可されてはじめて、男は恋愛市場で生きてきます。

「俺のことが好きなの? なら付き合おうよ」などと、自分が女子に許可を与える立場になれるなんて、夢にも思っていないのが、この日本にいる多くの男なのです。

(ひとみしょう/作家)

(愛カツ編集部)