結婚後チェックポイント

「彼のこういうところが好きで結婚したのに、結婚したら逆に嫌で嫌でしょうがなくなった」

という話を聞いたことがありませんか?

どんなに彼のことが好きでも、結婚したら好きだったところが逆にマイナスになってしまう事があります。

ちょっと生々しいかもしれませんがご紹介していくので、彼に当てはめてみましょう。

結婚後チェックポイント

優しい彼=優しいだけ。の夫に

「とにかく優しい彼は、付き合ってるときは良かったんです。結婚して、次第に優しいのが当たり前になってしまい、なんの刺激も楽しみもない。

よその旦那が羨ましく思えて次第に劣等感が出てくる。本当に優しさしかとりえがない……」(33歳/アルバイト)

優しい夫って一見いいと思うのですが……ただただ優しいだけで、頼りない夫というのは考えものかもしれません。

ただ優しいだけの夫になるか、優しくかつ頼りがいがある夫になるかのチェックポイントは、“彼が大事なことなどの決めごとを、率先して相談してくれるかどうか”です。

「それでいいよ」「君の思うようにしていいよ」と二人で考えること自体を放棄するようなら、ただ優しいだけの夫になるでしょう。

大事なのは優しいだけじゃなく、二人で話し合うことができるかどうかです。

うるさくいわない彼=自分の事だけしかしない夫に

「結婚する前は、自分のことは自分でというスタンスだったけど、私が熱が出ようが出産しようが、本当に自分のことしかしない。

妻は勝手に生きていて、自分に絶対に迷惑をかけず、病気にもならないと思っている節がある。

大事なのは思いやりだと気が付いたけど後の祭り。こういう人を家庭を顧みない人っていうのかな……」(40歳/会社員)

自分も自由勝手にできるのが良くて、結婚した彼。でも、一方が大変な時も自分のことしか考えない人と一緒に生活するのは、本当にしんどいものです。

こういう人って相手からの思いやりは全て当たり前で、「自分がしたいからしてるだけでしょ?」と思っている節がありますよね。

大事なのは相手の気持ちを考えることができる、想像力を持ち合わせた男性です。

彼はあなたが困ったときに、サッと自分の損得考えずに助けてくれますか?

仕事してる姿がカッコいい彼=当てにならない夫に

「いつもバリバリ仕事をこなしている彼がカッコよくて結婚しました。収入も大丈夫だろうと思って。

でも何があろうと仕事優先で、付き合ってるときは良くても結婚したら帰る時間は当てにならない。

何言っても『疲れてる』しか返ってこず、結婚してるのにいつまでも一人ぼっちな感じがさみしいです」(38歳/主婦)

外では輝いて見えてたけど、家に入るとその姿はなかなか見えないですよね。

段々と「外でカッコつけたいだけなのかな……」という気持ちも湧き上がってきます。

それに話し合いたいのに、「疲れてる」「忙しい」と突っぱねられて話し合えない、というのは想像以上に辛いものです。

ろくに相手にもしてくれない人を、ずっと支え続ける気持ちを持ち続けるのはちょっと難しいかも……。

彼はどんなに忙しくても、あなたの事を思いやってくれているでしょうか?

偏ったいいところは、悪いところでもある

長所と短所は表裏一体。「彼のここが好きで結婚した! 」が、「彼のここがイヤになった……」になる日が来るかもしれません。

大事なのはバランスと、結婚後も奥さんのことを大切に思い続けることができる人なのかどうかです。

彼はどっちか、結婚を考える前によーく見極めてくださいね。

(只野あさみ/ライター)

(愛カツ編集部)