好きと言わせる方法

昔は口を開くたびに「好きだよ」と言ってくれていたのに……。最近全然「好き」って言ってくれない。

「私のこと、好き?」って聞いても「言わなくてもわかるだろ」なんてはぐらかされてしまう。なんだかそれって寂しいし、物足りない。

そこで今回は、もう一度彼に「好き」と言わせる秘策をご紹介しちゃいます。

好きと言わせる方法

プレゼントとしておねだり

「付き合って5年になる彼。とても優しくて素敵な人なんだけど、ひとつだけ欠点が。それは『好き』って言ってくれないこと。

そこで去年の私の誕生日に『何が欲しい?』と聞いてきた彼に『あなたの私への想いを手紙にしてほしい』とリクエスト。

すると、誕生日当日『愛しています。これからもずっと一緒にいよう』と書かれたバースデーカードをプレゼントしてもらいました」(23歳/カフェ店員)

バースデーやバレンタイン、クリスマスなどのイベントのときは、彼に「好き」と言ってもらえるチャンス!

プレゼントとして「好き」という言葉をおねだりしてみましょう。

何もない日には恥ずかしがって言ってくれない彼も、特別な日なら勇気を出して想いを伝えてくれるはず。

思いきってキレてみる!

「付き合って7年になる彼、ここ5年くらいまったく『好き』って言ってくれません。なんだか老夫婦みたいな関係になってしまっていることが不満な私。

『ねぇ、好き?』って聞いても、『はいはい、好き好き』って適当な返事。

ある日、不満が爆発して『好きって言ってほしいのに言ってもらえない寂しさわかってる?わかってもらえないなら別れる!』と涙ながらに激怒したら、彼もわかってくれたみたいで、今ではちょくちょく『好き』って言ってくれるように」(22歳/会社員)

「好き」って言われないと不安で仕方ない……という気持ちに実は気付いていない、そんな男性も多いもの。彼がこのタイプなら真剣に訴えるのもアリ。

真面目に受け止めてくれない場合は思いっきりキレて、ことの重大さをわからせてやりましょう。

友達に協力してもらう手も

「彼の友達数人で食事していたときのこと。その中のひとりが『お前ら付き合って長いよね』と言ってきたので『そうだね、でもこの人は私のこと、もうあんまり好きじゃないのかも。最近全然好きって言ってくれないし』と返答してやりました。

すると友達が『それはよくない!ちゃんと想いを伝えてやれ!』と彼に説教してくれて、彼が私に『好きだよ』と言ってくれました」(25歳/医療事務)

直接彼に訴えるのが難しい……というあなたは、友人に協力してもらいましょう。

できるだけ元気がない様子で「彼が私のこと、あまり好きじゃないのかも」などと訴えてみましょう。

きっと友人が「彼女を不安にさせないようにしないと!」と彼に説教してくれるはず!

黙っていたら伝わらない!

「好き」って言ってほしいと思うのなら、ただ心で願っているだけではダメ。ちゃんと相手に訴えることが大切です。

あなたがどれだけ不安で寂しい思いをしているかを切実に伝えたら、きっと彼もわかってくれるはず。

寂しさがふくらんじゃう前に、ちゃんと対策を取りましょう。

(愛カツ編集部)