セフレを好きになった

セフレから恋人に昇格するのはなかなか至難の業。

でも、絶対に不可能!というワケではないのです。今回は、20代男性に「セフレを好きになったきっかけ」について聞いてみました。

彼らの体験談から、どうすればセフレ扱いから脱出できるかが見えてくるはず。

今まさに悩んでいるそこのあなた、ぜひ参考にしてみてください。

セフレを好きになった

向こうから「もう会わない」と言われ…

「今までセフレとして割り切った付き合いをしていた女性から、突然LINE。『なんかこんなことしてるのバカらしくなっちゃった。ちゃんと愛してくれる人探したいからもう会わないね。』って……。

一度は受け入れたけど、もう会えないと思ったら、なんだか無性に寂しくなって、彼女のことばかり考えるようになって、最終的に告白しちゃいました」(27歳/会社員)

男性はなぜかセフレは自分の元から離れるわけがない、という変な自信を持っています。

そこで、一度思い切って連絡を絶って見るのもひとつの方法。

人間とは愚かな生き物で、失ってみて初めてその存在の大きさに気づくのです。きっと彼は血眼になってあなたの行方を捜すことでしょう。

真剣に気持ちを伝えられて…

「いつものようにエッチの後に『じゃ、帰るね』とそそくさと服を着始めると、彼女が『私は誰にでもこういうことをしているわけじゃない。

あなたのことが好きで、つなぎとめておきたいからこの関係でもいい、と自分に言い聞かせてるの』って泣きだして。正直、彼女の気持ちなんて考えたことなかったんだよね。でも、そうやって真剣に想いを告げられると、なんだか彼女が愛おしくなってしまった」(29歳/営業)

セフレの関係になってしまうと、自分の恋心を相手に悟られるのが怖くて、「あなたのことなんで好きじゃない」と意地をはってしまいがち。

でも、時にはストレートに「好き」と伝えることで、相手との距離が縮まることもあるのです。

意外なギャップにときめいて…

「コンパで知り合った、ギャルっぽい子とノリでエッチ。でも、ギャルっぽいのは見かけだけで、結構恥ずかしがり屋だし、下着もどちらかと言えば可愛い系のものを着けてる。

それに何より、化粧を落とすとすごく肌がキレイで、幼い感じなんだよね。そのギャップにいつしか魅かれていく自分に気づきました」(25歳/メーカー勤務)

男性はギャップに弱いもの。それはセフレでも例外ではありません。

軽そうだと思っていた子が実は将来のことをしっかりと考えていた。いつもクールなあの子がベッドの上では意外にも甘えん坊……。

普段とはまったく違う顔を見せられることで「この子のことをもっと知りたい!」と思うようになるのです。

意地を張るのは禁物です

相手に見くびられたくないから、と自分の気持ちに無理矢理フタをして「私もあなたのことを何とも思っていないから」なんて態度を取るのはいけません。

あなたが彼のことを尊敬し、大切に思っているということを言葉や態度で示したら、きっと彼もあなたのことを真剣に考えてくれるはずです。

(愛カツ編集部)