彼はどんなこと話してる?電話の内容から見抜く脈あり度

彼氏ではないけれど、電話に付き合ってくれる男性っていますよね。

ふたりの仲がいいことは、まずまちがいないでしょう。

ただ彼にとって、自分が単なる話し相手なのか、恋愛対象なのか、不安に思うことも多いはず。

そこで今回は、電話の会話から、脈あり度を測る方法を解説します!

彼はどんなこと話してる?電話の内容から見抜く脈あり度

【脈あり度50%】くつろいでいる声

彼が、ベッドに寝転がりながら話していたり、眠そうな声を出してきたりすることもあるでしょう。

電話の向こうでくつろいでいるようなら、脈あり度は50%!

話し相手としての相性は抜群ですが、恋愛対象としての緊張感はあまり感じられません。

ただ、その心地よさに惹かれて彼女にしたいと思ってくれる男性もいるので、しばらく様子を見てみましょう。

【脈あり度60%】質問をして話を広げてくれる

あなたを単なる話し相手だと思っている人なら、基本的に自分の話を聞いてほしいはず。

逆に「どうしてそう思ったの?」「ほかに○○なことってある?」と、質問で話を広げてくれるのであれば、あなたのことを、もっと知りたいと思っているのかも。

ただしさびしがり屋な男性は、恋愛感情がそこまでなくても、聞き役に徹してくれることがあります。

よって脈あり度は60%!

【脈あり度70%】大きめにリアクションを取ってくれる

「本当に?」「すごい!」と、大きめのリアクションをとってくれたり、あなたの話によく笑ったりする相手は、脈あり度70%!

実際に自分でやってみるとわかりますが、顔が見えない中で大きめのリアクションをとるのって、かなり意識してやらないとむずかしいもの。

話を流し聞きされていないのはもちろん、あなたとの会話を盛り上げようという、一生懸命さの表れです。

好意がない相手に、そこまで気をつかうことはあまりないでしょう。

【脈あり度90%】普段よりドキッとすることを言ってくる

電話は顔が見えないので、ふだん恥ずかしくて言えないようなセリフを言ったり、思いきったアピールをしたりするのにピッタリ。

いつもは消極的な男性が、「こんど一緒に行こうよ」と誘ってくれたり、「なにそれかわいいじゃん」と茶化してきたりすることもありますよ。

そもそも、ただの話し相手だと思われていたら、そんなセリフを言われることはないはず。

よって、脈あり度は90%!

ちなみに対面やLINEでも普段からスラスラ甘いセリフを吐いている男性は、チャラ男なので要注意です。

脈あり度が低くてもあきらめないで!自分からアピールするのもOK

まだ脈あり度が低いという人も、あきらめてはいけません。

電話をしているということは、それなりに気が合うはず。

友達スタートでも、彼女になれる可能性はじゅうぶん残っています。

思いきって自分からアピールすることで、恋愛対象として意識させることができるでしょう!

(オルカ/ライター)

(愛カツ編集部)