ゴムを付けない彼

ゴムなしでエッチしようとする彼に、お悩みではありませんか?

強引にすることがないとはいえ、毎回自分が用意している方や、せっかくの雰囲気を壊されてしまうことを悩んでいる方も……。

どうすれば、彼が快くゴムをつけてくれるようになるの? 今回は、その方法をご提案します。

ゴムを付けない彼

どうして?つけてくれない彼

「今日はエッチするってわかってるのに、彼はゴムの用意なし……。『ないけどいい?』と毎回聞いてくるし、いつも私が用意。」(飲食店勤務・女性・27歳)

「『やっぱりつけないとダメ?』と聞いてくる彼。そのたびに雰囲気が悪くなるのでやめてほしい!」(会社員・女性・29歳)

「『ちょっとだけ』『外で出すから』なんて、子どもじみた理由で、強引に生でしようとするときも……」(事務員・女性・30歳)

「もし可能なら、ゴムなしで……」と思うのは、本能的な欲求なのかもしれません。

でも、つけるかつけないかで、そう快感が変わらない女性も多く、なぜそこまでこだわるのかわからないという方も多いようです。

つけるだけでいいのに、いちいち雰囲気を悪くする言動をすること自体、理解できない方も多いはず。

どうすれば、スムーズにゴムをつけてくれるのでしょう?

彼の悦ぶポイントを変えてみて!

本来、セックスは子孫を残すための行為で、男性が一番気持ちいいのは、精子を出す射精の瞬間です。

わたしたち女性には、男性の快感を理解することはできませんが、「生殖行為をブロックするコンドーム」=「思いっきり気持ちよくなれない」という、本能的なイメージがあるのかもしれません。

対策のひとつとしては、快感や悦びのメインを、「挿入」や「射精」という肉体的感覚から、ふたりのコミュニケーションや、心で感じる部分へシフトさせること。

そうすれば、気持ちいいと感じることに、ゴムの有り無しは関係ないと感じてもらえるかもしれません。

たとえば、たっぷり焦らしたあと、ゴムをつけたご褒美として、本番をスタートさせてみるのはいかがでしょうか?

まずは服を脱ぐところからゆっくりと。

キスをたくさんしながら触れ合うことを楽しみ、前戯は彼がイク寸前まで刺激。「ゴムをつけないと、それ以上気持ちよくなれない」という状況を作り上げることで、積極的につけてくれるようになるかもしれません。

また、こちらからゴムをつけてあげるプレイもオススメです。フェラや手コキから、彼が我慢できなくなりそうなタイミングで、少しスローダウン。その流れで、ゴムをつけてあげて、「挿れて……」と、おねだりしてみましょう。

エッチ直前にゴムを開封して枕元に置いておくのも◎。

プレイの合間に自然な流れで、ゴムをつけてあげれば、きっとそれを「当たり前」と思ってくれるようになるはずです。

おわりに

ゴムをつけてくれない彼には、「生じゃないと気持ちよくなれない」という思い込みがあり、オナニーに近い発想になっているのかもしれません。

「私たちが満足できるセックスは、もっとこの部分だよ」というのを教えてあげるようなエッチができれば、すんなりゴムをつけてくれるようになるはずです。

(はろ。/ライター)

(愛カツ編集部)