男性との別れ

30代の男性のなかには、「この先、結婚することがない女性とは別れたほうがいい」という考え方をする人がいます。

そういった形で別れてしまったとき、彼を結婚に踏み切らせることができなかった自分を責めてしまうかもしれません。

ただ、こうした別れは女性だけに原因があるわけではありません。

では、こういった男性たちは、どんなときに別れを選ぶのでしょう。今回はその内容をまとめました。

男性との別れ

結婚観があわない

お互いの結婚に対するイメージが合わないと「先がないな」と思い、別れにつながってしまうことも。

子どもを持つか持たないかということや、働き方のスタイル(共働きか、どちらかが専業で家事をするのか)に至るまで、結婚の形は本当にさまざま。

そして、お互いに理想とする結婚のイメージが違うと、ふたりが夫婦になることがイメージできず、別れに繋がってしまうのです。

彼の結婚観に合わせることも大切ですが、自身の結婚観に合う男性と結婚するに越したことはありません。

こういった理由で別れる結果になるのであれば、ある程度「仕方ないこと」と割り切る気持ちも必要かもしれません。

自身の経済力に不安を感じた

結婚を考えたとき、男性の中には「妻や子どもを自分ひとりで養っていかなければいけない」という強い責任感が生まれます。昔と違って共働きなどさまざまな夫婦のスタイルがあります。

ですが「主な収入は男性が得てくるべきだ」という考え方はなかなか根強いもの。

そのため、結婚を考えたときに、自分の経済力に自信がなかったら……。

相手の女性を幸せにすることができないだろうという「あきらめ」が生じ、それが別れにつながってしまうこともあります。

結婚したい時期が合わなかった

一口に30代といっても「そろそろ結婚して身を固めよう!」という人もいれば「もっともっと遊んでから結婚しよう」という人もいます。

また「結婚なんて考えたこともないし、する予定もない!」という人も。

いくらお互いにうまくいっていても、男性に結婚する気がなければ結婚には繋がりません。

彼女が結婚をちらつかせても彼はいい返事はしないでしょうし、

むしろ「結婚を強要された」と感じさせてしまうと、逆に別れに繋がってしまう可能性も。

結婚は「結婚に対する思いが一致して初めてできるもの」ということを心得ておきましょう。

彼女に対して劣等感を感じた

男性は、プライドが高い人が多い傾向にあります。また「男性は女性を守るものだ」という考え方も古くから根強く残っています。

そのため、女性のほうが社会的に高いステータスを持っているなど、男性に劣等感を与えてしまうような要素があった場合、少なからず男性にとっては、その劣等感が負担になります。

「この劣等感を抱いたまま一生結婚生活を送るのか……」と抵抗を感じてしまうと「この人と結婚はないな」と思って別れてしまうということも。

社会的地位が高い、家柄がいいといった女性は、とくに彼に劣等感を抱かせないよう注意しておきましょう。

おわりに

30代の男性が「君との結婚が考えられない」と別れを切り出すことは珍しくありません。

自分を責めてしまうかもしれませんが、あなただけが悪いわけではありません。

今回見てきたように、実際には他のさまざまな理由も組み合わさって生じるものなのです。

結婚することより、結婚生活を続けていくことのほうがよっぽど難しいもの。

むしろ早く別れてよかったというケースもあるので、できる努力と、できない努力(しないほうがいい努力)をしっかり見極めて、自身にあった人とお付き合いしていきましょう。

(秋佳 珠/ライター)

(愛カツ編集部)