デートの後のLINE

楽しい時間を過ごせたらそれでデートは成功?

いいえ、違います。いくら楽しいデートを過ごせたとしても、別れた後の対応によっては、次につながらないこともあるんです。

次につなげられるよう印象アップするためにも、デート後のLINEは重要な要素。

では早速、また会いたいと思わせる例文をご紹介していきましょう。

デートの後のLINE

ストレートに「また遊んで!」

「ありがとう」と送るのは鉄板。

でも、それだけだと社交辞令の連絡だと思われてしまう可能性もありますし、次のデートにつながらないことも。

「今日はありがとう! と~っても楽しかったよ。いまから次が楽しみ! また遊んでね!」

こんなLINEであれば、デートが楽しかった気持ちを伝えられますし、こちらからまた遊ぼうとまた会う意思を見せることで男性も嬉しくなって、また会いたくなるもの。

「遊ぼう」でもいいのですが、男性と立てる形で「遊んでくれたらうれしいな」「遊んで!」と言うとよりかわいく見えるはずです。

誘いやすい「次は〇〇に行こ!」

確実に次のデートにつなげたいなら、次のデートの行き先を具体的に伝えてみてください。たとえば映画デートで盛り上がったなら

「今日はありがとう! 映画おもしろかったね。次は〇〇観に行こうね!」

こんなふうに次に観たい映画を具体的に伝えると、次の約束につながる可能性アップ。このほか

「今日はありがとう! 楽しかった! 次は〇〇に行きたいな!」

と、次のデートのリクエストを可愛く伝えると、次のデートに前向きな気持ちを伝えられますし、男性も自然と次の約束を意識するようになるはずです。

脈ありなら「もう会いたい」

デートがいい感じに終わって脈ありムードなら、好意を素直に見せる言葉が◎。「好き」と言うのは、彼に追いかける楽しみを与えるためにも我慢しておくべきですが

「今日はありがとう! バイバイしたばっかりなのにもう会いたくなっちゃったよ^^笑」

こんなLINEを送るべき。

さっきまで一緒にいたのにもう会いたいという姿で、好意を伝えることができますし、好きとストレートに伝えるよりも「かわいい!」と思わせることができます。ポイントは「また会いたい」じゃなくて「もう会いたい」というニュアンス。

ただ、この言葉は初デートの場合だと、温度差が出て相手が引いてしまう可能性も。

明らかにお互いが盛り上がっている場合や、数回デートして脈ありが確実になったら送るようにしましょう。

奥手の彼には「楽しかったね!」

これまでの例文でも「楽しかったね!」という言葉を多用していますが、奥手の彼には絶対伝えるようにしてください。

奥手で恋愛に消極的な男性は、女性を満足させることができるのか不安や緊張を抱えてデートしている人が多いもの。

そのため、簡潔に「今日はありがとう」というLINEだと、デートが楽しくなかったのかと自信をなくしてしまう可能性も考えられます。

「今日はありがとう! すごく楽しかったよ! 気を付けて帰ってね!」

こんなふうに、楽しかった気持ちをしっかり伝えて彼に自信を与えていきましょう。

楽しんでもらえたという自信が「また会いたい」につながるのです。

必殺「久しぶりに笑った!」

いつもと違うLINEにしたいなら

「今日はありがとう! 最近嫌なことが続いてたから、久しぶりにこんな笑った! また遊ぼうね!!」

と、久しぶりに楽しい時間を過ごせたことを伝えるのもおすすめです。

男性は「初めて」という言葉にも弱いですが、同様に特別な存在になれた、力になれたということに嬉しさを感じるもの。ぜひ活用してみましょう。

おわりに

デート後、男性からLINEが来るまで待つ方もいると思いますが、ここは、意地を張らずに女性から送るべき!

追いかけてもらうには、追いかけたくなる雰囲気を作っていくことが大切です。

明るく、楽しい時間を過ごせた感謝の気持ちを伝えれば、きっと彼はまたあなたに会いたくなるはずです。

(白藤 やよ/ライター)

(愛カツ編集部)