結婚しても愛してくれる

3組に1組が離婚する時代とはいえ、結婚後は結婚する前よりもラブラブというずっと愛がなくならないカップルもいます。

できれば、結婚するならそんな素敵なカップルを目指したいですよね。

でも、どんな男性を選べばそれが実現できるのでしょうか?

そんなずっとずっと愛し合えるような男性はどんな特徴があるのでしょうか?具体的に見てみましょう。

結婚しても愛してくれる

穏やかな日々が大事と思っている

世の中には派手な生活をすることが刺激的と思う人がいる反面で、穏やかな日々がなによりも贅沢なものと考える人もいます。

派手な生活を好む人は、なにより刺激が大事なので、相手の女性も常に新しい人を求めがち。

でも穏やかな生活を過ごしたいと思っている人は、時間が作りあげる価値を理解している人でもあります。

例えばアンティークやワインなど、経年変化が味わいをうむものですよね。

そんな価値を理解している人は、新しい人や刺激的な人より、古くから自分に寄り添ってくれている人や理解してくれる人を好む傾向にあります。

そして、そんな人ほど、ともに過ごしてきた奥さんや家族、そして、家族で作った思い出などを大事に思います。

そんなタイプの人は、時間を経てこなれればこなれるほど、相手がかけがえのない存在になるので、ずっとラブラブでいられるんですね。

日々の生活から小さな幸せや変化を感じられる

日々のなんてことない生活の中で、小さな幸せや変化を感じられるタイプの人もずっとラブラブでいられる男性です。

毎日本当は何かしらの変化や幸せは落ちているものです。

そんな小さなものを見つけるのが得意なタイプの人は、そうでない人に比べて、実はけっこう心が満たされているものです。

日々の変化にあまり気づかない鈍感なタイプの人には見えない世界が彼の前には広がっています。

だからこそ、同じ世界であっても、変化に富んで満足ができるんですね。

そんなタイプは奥さんや家族の変化にも敏感です。

奥さんや家族の方に十分目が行き届いている男性は、家族内のトラブルも少なく、心落ち着いた日々が送れ、その分奥さんともラブラブで居られるというわけですね。

まとめ

男性の中には常に誰かに奥さんラブを公言している人がいます。

そういう人は素敵ですね。世の中にはずっと同じものを好きで居続けられる人がいるんです。

こういう人は基本的に浮気をするという選択肢が自分の中にありません。

こんなタイプの男性を掴めばずっとラブラブのいい夫婦になれるということですね。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)