ギャップがある女性

ギャップ、それは普段とは違う顔のこと。

普段のイメージを違うことをしていたら、その出来事の印象はとっても強まります。

男性によってはそのギャップを魅力と感じて、急に恋愛対象として意識してしまうかも!

そんなギャップがある女性ランキングのTOP10を、星座と血液型の組み合わせで占います。

ギャップがある女性

●10位 蠍座(7/23~8/22)×O型

蠍座の女性は愛情深く、用心深い性格。他人から距離を置いて付き合い、じょじょに信頼を深めていきます。

しかし、裏切りが発覚した時のキレ度合いは尋常ではありません。

基本的に理性的にキレるのですが、O型はヒステリックに暴れます。そのスゴさといつもの用心深さのギャップは相当です。

●9位 双子座(5/21~6/21)×B型

とってもおしゃべりで頭の回転が速く、人脈も広い双子座ですが、B型は抜けたところがあります。

あんなに人脈が広いのに、人の顔と名前を憶えていないし覚えないのです。双子座の裏の顔である淡泊さがB型だと強調され、どうせ広くて浅いだけの人脈、とおざなりに。

でも、非常に上手にごまかしています。

ギャップがある女性

●8位 天秤座(9/23~10/23)×B型

天秤座はバランスがいい星座。さまざまな角度で考え、最良の方法を選んでいくスキルに長けています。

なのに、B型の場合は、ときどきそのチョイスがものすごく極端になってしまうことがあり、まわりがビックリすることも多々ありなのです。

いつも無難でソツがないのに、なんでこれだけおかしなチョイス? というギャップです。

●7位 水瓶座(1/20~2/18)×AB型

人に対しても物ごとに対しても平等に対応する水瓶座。誰に対してもとりあえずフレンドリーに接し、表面的にはいわゆる「イイ人」のイメージがあります。

特にAB型は演出がうまいので、「イイ人」イメージは確固たるものでしょう。しかし、ギャップがすごいのが性的なところ。

研究熱心というか、アブノーマルというか……。

ギャップがある女性

●6位 獅子座(7/23~8/22)×A型

「私が一番」と、見た目だったり肩書だったり、自慢できる分野を振りかざす傾向のある獅子座。

いかにも太っ腹な女性ですが、A型だとケチ。とにかくケチです。

ポイントに非常に敏感で、深く考えずに欲しいモノを買うくせに、ポイント還元率のいいお店を探すのには手間暇を惜しまないようなところがあります。

●5位 蟹座(6/22~7/22)×O型

誰に対しても優しくて、断られる感じがしないので頼みごとをついしてしたくなってしまう人が、蟹座O型。

でも心の中では、「この人好き、この人合わない、この人マジ嫌い」とサクサク選別をしています。

外からはまったくわかりません。このギャップに気づいた時は、蟹座O型と絶対的な信頼関係ができたときでしょう。

●4位 乙女座(8/23~9/22)×O型

恋に恋するあまり、潔癖な性格も手伝って恋に憶病なまま年を重ねがちな乙女座は、どの血液型でもこの傾向が強いでしょう。

でも、O型はちょっと大胆というか極端な恋愛に走る傾向があります。

世間体を大事にしているっぽいのにワイルドすぎる男性に恋したり、2次元男子にすっぽりハマったりするのです。

●3位 山羊座(12/22~1/19)×B型

大好きなことは「過不足ないこと」という山羊座ですが、B型はその傾向が強まり、無駄を省くことにはまってしまうタイプです。

チャキチャキと仕事や家事をこなすのですが、なぜか手付かずな所があるという不思議……。

まったく気にならないようで、なんでそんなギャップがあるのか周囲の人は不思議に思うでしょう。

●2位 天秤座(9/23~10/23)×AB型

八方美人で誰に対しても愛想がいいのは、天秤座とAB型に共通した性格といえます。

とてもエレガントでモテるのですが、いったんキレると本当に怖いのです。

キレるところからして、まさかのギャップと思う人も多いでしょう。天秤座AB型は美意識がとても強く、それにそぐわないことが多いと意外にキレやすいので注意です。

●1位 牡牛座(4/20~5/20)×A型

おっとりしていて地味なイメージが強い牡牛座ですが、世の中をしっかり見据える目……ハッキリ言うと腹黒さを持っています。

それだけでも相当のギャップなのに、見た目とのイメージギャップが一番強いのがA型。

自分が良い目を見るように、ジワジワと計画し、ゆっくりと変化させる底知れぬパワーの持ち主です。

ギャップがある女性

さいごに

女性がふと見せるギャップに、胸キュンしてしまう男性は多いもの。

中にはエロさまで感じてしまう男性もいます。しかし、ギャップがすご過ぎると引いてしまうかも。

バランスをうまくとって、ギャップを活用してみましょう。

(芦田イングリット/占い師)

(愛カツ編集部)