恋が終わるLINE

LINEだけで恋が終わってしまう、そんなケースもあります。

そんな残念なことにならないように今回は、一発で恋が終わってしまうノックアウトなメッセージの5つの特徴をヒントとしてお伝えします。

恋が終わるLINE

特徴1:自分の意見を長々と伝える

LINEメッセージ機能でのやり取りは一方通行のコミュニケーションツールだということを理解しましょう。

その分自分の意見をメッセージで書きやすい傾向があり、多くの女子はそれに流されます。

一方、メッセージを受け取った方は、「押しつけ感満載」とストレスを感じることがほとんど。

特に自分の考えや意見を長々と書かれると、受け取った方はどう返事をして良いのか悩んだり、長い返信をすべきか不安になったりして、恋に致命的なダメージを与えてしまうリスクが高まります。

特徴2:決まった時間にパターン化されている

男子はキープ女子に対して同じことをしますので、自分がされると、自分のことは棚に上げて非常に不安になります。

男子が「自分は軽んじられている」と感じるようになり、恋が終わります。

LINEを決まった時間に決まった分量、たとえば、2行ほどのテキストとスタンプ1つといったような形で送っている方は気になる彼に誤解されてしまうリスクが高いです。

長さやタイミングにバリエーションを持たせるように注意しましょう。

特徴3:男子から返事が来ないと返さない

仕事などが忙しい時は男子はLINEの返事の頻度がかなり下がります。

裏を返せば、そうなっても信頼関係が崩れないと安心している相手になっているともいえるでしょう。

一方、女子がやりがちな落とし穴としては、「忙しそうだからメッセージを送らない」「返事がまだ来ていないからメッセージを送らない」というケース。

男子から返事が来ないと連絡自体が取れなくなってしまう……。

そういう印象を持たれてしまい、「いろいろな状況がある中で本当にこれからも信頼関係を継続していけるのか」男子が心配になり、恋が終わってしまうリスクが高くなります。

特徴4:他の男子のことをメッセージに書く

「食事会などに参加して、友達の彼氏を紹介された」

といったように他の男子のことをLINEメッセージに記載することは控えましょう。恋が一発で終わってしまうリスクがあります。

男子は本気であればあるほど、非常にやきもちを焼きます。

LINEメッセージではあなたと友達の彼や友人がどういう話をしたのかなど全く伝えられないので、男子としては、どんどん不安が煽られ、非常に大きなストレスを抱えてしまいます。

特徴5:怒り、不満のメッセージを送る

喧嘩したり、つまらないデートだったとしても、後からLINEメッセージで怒りや不満を伝えるのは絶対にやめましょう。

ほとんどのケースで恋が一発で終わります。LINEは思った以上にメッセージだけだと「冷たくきつい」印象を相手に与えます。

そして、怒りや不満をメッセージで受け取った相手は、自分としての気持ちをそのまま伝えることができません。

一方的にぶつけられたと感じ、男子は、どんどん心の距離を取るようになります。

怒りや不満は、たとえ年齢差があるケースであっても、恋愛を継続するという意味では、直接ぶつけあうようにしましょう。

いかがでしたでしょうか?

今回お伝えしたような特徴を持つLINEメッセージは恋を終わらせてしまうリスクがあります。

気になる彼に送る前にLINEを見直すヒントとしてぜひ参考にしてみてくださいね。