職場モテ

とびきりの美人でもないのになぜか職場でチヤホヤされている。

そんな女性がいる一方で、ルックスが良いのにまったくモテない女性もいます。

彼女たちをよ~く観察してみると、その「気遣い」に差があることが分かりました。

また、振る舞い方にも問題があるようです。職場でモテる気遣いと、モテない振る舞いをまとめてみました。

職場モテ

モテる気遣い

・いつも笑顔

どんな時でも笑顔を絶やさない女性は、男性社員のパワーの源になります。

特に、営業から戻った男性社員が女性に笑顔で「お帰りなさい」と労われたら嬉しいものだし、「よし、明日も頑張るぞ!」とやる気になるもの。

逆に、不機嫌顔は周りに嫌な空気を作ります。不機嫌って感染するんですよ。負のオーラをまとう女性に誰が近づきたいと思うでしょう?

男性はただそこにいるだけで向日葵のように周りを明るくしてくれるような女性を望んでいます。

・落ちこんでいる時になぐさめてくれる

「入社してすぐ配属されたのは地方の営業所。慣れない土地で誰も知り合いがいない状況が辛い時に、仕事でミスをして、もう気分はどん底。落ち込んでいる時に同僚の女性が慰めてくれました。彼女がいてくれたから、ここ次の異動まで踏ん張れたのだと思う。」(27歳 男性 営業)

仕事がスムーズにいかない時や失敗した時に慰めてくれる人がいれば、どんな失敗にもめげずに挑めそうですよね。

家族や恋人みたいに近しい人じゃなくて、社内にいるというのがポイントで心強くありがたい存在なのです。

・適度に気が利く

業務に悪戦苦闘している姿に気づいて進んで手伝ってくれたり、細かいところにまで手が届く気配りには感謝しかありません。

また、つい見て見ぬふりをしてしまいがちなタスクを片付けている姿には感動すらするでしょう。

「ある女性が、空いたコーヒー缶を、さりげなく捨てていた姿が印象的でした。翌日、フロアに落ちているゴミも率先して捨てている彼女の姿を見て、本当に気の利く子なんだなーと改めて実感」(34歳 男性 商社勤務)

モテない振る舞い

・マナーが悪い

デスクでメイク直しをしたり、スマホをいじったり、社内電話で同僚と長話をしたり、とにかく「マナー違反だろ……」と思うことを行っている人は注意。

ちょっとくらいと許されると思っている点が反感を買うようです。

男性からの意見としては、「自分のことを棚に上げて男性ばかりを批難するのはいかがなものか」と、考えられているようですよ。

・人によって態度を変える
「A子はイケメンの同僚にはいつもニコニコ話しかけているくせに、たいした容姿じゃない僕にはいつも邪険な態度…差別しすぎだろ!」(25歳 男性 事務)

人によって態度を変える女性は、職場では不評を買っています。

男性だけの飲み会では、態度を変えるA子の悪口で盛り上がっていることでしょう。人を差別するような態度は誰かも嫌われます。

・同僚の悪口が止まらない
女子が2人以上集まれば悪口やマウンティングの開始。

そんな女性の裏の顔に男性は恐怖を感じているし、「自分も影で陰口を言われているかも」なんて不安な気持ちになっています。「こんな女子には近づかないようにしよう」と心に誓う男性社員もいます。

まとめ

職場恋愛って憧れますよね。

恋愛は望んでいなくても長い時間いることになる社内では人間関係に悩みたくないし、居心地良く過ごしたいもの。

でも、職場は女性の悪の部分がさらけ出されてしまう油断できない環境でもあります。

そんなリスクのある職場環境でも、男性人気を集めている女性はいます。

気遣いと振る舞いに気をつけて、心からステキな女性になれたら、必然的にモテるし、社内で大切にされる存在になれるでしょう。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)