セクシーなフェラ

男性は「フェラをしている女性の姿を見るのが好き」とよく言いますが、どうせ見られるならセクシーだと思ってもらいたいですよね。

しかし、やりすぎると遊んでいる感じがして、ドン引きされてしまうことも。適度なエロさを出すにはどうすればいいのでしょうか。

セクシーなフェラ

眉間にシワを寄せて一生懸命さをアピール

「素人の女の子に求めることって、どれだけ一生懸命にやってくれているか!それだけですよ。ちょっと難しそうな顔をしながら舐めてくれている姿を見ると、抱きしめたくなりますね。無駄にエロくなくってもいいんです」(27歳/保険営業)

多くの男性から聞こえてきたのは、「一生懸命やってくれているだけで充分そそる」という意見。

変にエロさを意識しなくても、必死に愛撫しているだけで彼はグッとくるんだそうです。

愛情が伝わるからでしょうか。これなら、恥ずかしがり屋さんでも実践できそうです。

彼に要望を聞いてみる

「俺は『〇〇は、どうしてほしい?』って聞いてほしいですね。なんか言葉攻めされているような気がして、たまりません。彼女が急に大人っぽく見えるかも。俺がMだからかなぁ~」(26歳/不動産営業)

ひとことでフェラといっても、攻めるポイントってたくさんありますよね。

しかも男性によって、気持ちいいポイントも好みが分かれるもの。

「どうしてほしい?」と聞くことでセクシーさも出せて、さらに彼が弱いポイントも分かるなんて、一石二鳥ではないでしょうか。

言葉系のテクニックのなかでも、ハードル低めでマネしやすいですね。

邪魔な髪を逆に利用してみて

「俺って単純だなぁって思うんですけど……髪をかきあげながら上目遣いで見つめられると、もうヤバい。普段はおとなしそうな子にこれをされると、完全に降参です」(29歳/メーカー)

フェラのときって、口に入ってくる髪が邪魔ですよね。髪を気にしすぎてムードが台無しにならないよう、サッとひとつにまとめる人もいるのでは?

しかし、その邪魔な髪こそがセクシーさを演出する道具になるんです!

少し面倒かもしれませんが、あえて束ねずフェラの途中でかきあげるようにしてみて。上目遣いが難しそうなら、彼を見つめてニコっと微笑んでみるといいでしょう。

男性にとって「セクシーさ=エロさ」ではない

男性はAVのように大胆なエロさにそそるのかと思えば、意外とそうでもない様子。

実際のエッチには、そんな激しいテクニックは求めていないようですね。

むしろ今回飛び出した男性意見を見ていると、どこかウブさを求めているような気さえします。

エロいムードを出すのが苦手な女性でも、セクシーに見せることはできそうですよ。

(愛カツ編集部)