つまらないデート

男性とデートをしていて「つまらない」と思うことってありませんか?

それと同じで男性が女性とデートして「なんかつまらないな」と思うことがあります。

まさか好きな人とのデートでそう思われていたらショックですよね。

そこで今回は、デートで「この人つまらない」と思われてしまう女性の特徴をご紹介します。

つまらないデート

1:相手の話はすべて肯定

「僕の話を全て肯定してくる人っているじゃないですか。もしかしたら僕に気があるのかもしれないですけど、でもそういう人と会話してても楽しくないんですよね。会話に意外性や変化がないんです」(Tさん・28歳男性)

男性の意見を全て肯定していては「つまらない」と思われてしまう様子。

かといって「私はこう思う」と自分の意見を真正面からぶつけるのも好印象にはなりにくい。

そこで、「もしこうだったらどうする?」といったように会話を膨らませるようなコミュニケーションがおすすめです。

2:話にオチがない

「女性だけって訳ではないんですけど、話にオチがない人ってたまにいるじゃないですか。相手の話を最後まで聞いても、“それで?”ってつい聞きたくなっちゃうような人。必ずしも会話に笑いを取る必要はないですけど、着地地点はほしいですね」(Eさん・28歳男性)

話にオチがないというのも男性からすると「つまらない」と思われてしまうようです。

もちろん、話には必ずオチをつけなければいけないというわけではありません。

オチがない話の時は最初に結論を言うことが大事。そうすればオチのない話も結論の補足情報として聞けるので「それで?」となりにくいわけです。

3:知識レベルに差がある

「知識レベルに差がありすぎるとつまらないと感じることがあるね。政治の話とか時事ネタを話したいわけじゃないんだけど、“超ヤバい”とか“マジビックリ”とかばっかりの反応だと会話に飽きてくるんですよね」(Uさん・30歳男性)

知識レベルをデート中に埋めるのはなかなか難しいもの。

できれば語彙力を増やしてもらいたいですが、すぐにはできません。そこで質問をするというのがおすすめな方法。

「これってどういうことなんですか?」と相手の話にどんどん質問してみてください。

興味を持っている相手に話をするというのはいつだって楽しいものです。

4:「つまらない女でごめんね」とネガティブ

「ネガティブな発言が多い女性は一緒にいてもあまり楽しくはないですよね。特に“つまらない女でごめんね”みたいな感じはきつい。ネガティブでしかも自虐で来られるとなんて言っていいか分かんなくなるんですよね」(Iさん・27歳男性)

「つまらない女でごめんね」という台詞はほんの一例。

「おばさんでごめんね」や「バカでごめんね」といった台詞は禁物です。「私ってついネガティブなこと言っちゃうんだ」とさらに防御を固めるのは傷口に塩を塗るようなもの。

そんな時は「ごめんね」を相手を褒める台詞に置き換えてみてください。

「つまらない女だけど、一緒にいてくれること感謝してる」とか「私の話つまらなかった?でも聞いてくれてありがとう」など。

そうすればネガティブが謙遜として相手に受け取ってもらえます。

まとめ

いかがでしたか?

今回は「つまらない」と思われてしまう女性の特徴をご紹介しました。

自分の欠点を直そうと思ってもなかなか改善するのは難しいもの。

以心伝心という言葉があるようにデートを楽しむことを心がければきっと相手も楽しくなってくれるはずです。

まずはデートを思いっきり楽しんでみてください!

(草薙つむぐ/ライター)

(愛カツ編集部)