待ちに待った彼とのデート!そんな時に限って、凡ミスやトラブルなどでパニクって微妙な展開に…。

残念デートにならないためには、どんなことに気をつければ良いのでしょうか?

デートパニックを避けるべく、ありがちなミスを例に対策を考えます。

まさかの遅刻

初デートの前の晩って、ウキウキしてなかなか寝つけないものですよね。小学生の時の遠足前日の気分という感じ?

でも、寝坊は絶対ありえないし、睡眠不足もNGですよ。初デートに遅刻なんてしたら、時間にルーズな子と認識されてしまうかもしれません。

また、寝不足はお肌の調子を悪くする要因です。目の下にクマができたり、吹出物を作ったりと美容にも良いことはありません。

寝坊して準備に焦った上に遅刻して、中途半端なメイクにファッションなんて残念すぎでしょう。

まさかのサプライズ失敗

彼の誕生日に内緒でプレゼントを考えていたのに、会話の中でポロッとバラしてしまうというハプニング…。

密かに計画を立てていたのに、ちょっとした気の緩みから自爆してしまうのはサプライズ失敗あるあるです。

サプライズを控えている時は、会話の中でボロが出てしまうことがあります。特に、嘘のつけない素直な性格の女性は表情にも出てしまいがち。

鋭い彼なら、会話の流れや表情・態度から「サプライズを考えてくれているんだなぁ…」と察してしまうでしょう。それでも喜んでくれるとは思いますが、仕掛けた方は残念な気分になりますよね。

まさかの飛びハネ

デート中は食べるものにも注意が必要です。例えば、デートの定番にもなりつつあるパスタ。白い洋服の時に限って、トマトベースが食べたくなったりして、しかも気をつけていても飛びハネたり…。せっかくの勝負服が台無しです。

モテ色の白やパステルカラーは、汚れてしまったら悪目立ちします。デートの勝負服での食事は、なるべく汚れリスクの少ないメニューを選びましょう。

また、汚れ防止に膝に広げたりする大判ハンカチや、まさかの飛びハネに携帯用ウエットティッシュなどを忘れずに持ちたいですね。

まとめ

大切な彼とのデートにミスやトラブルなんて、考えただけで辛くなりますよね。でも、彼とのデートを楽しみにしているからこそ、緊張や興奮が高まって失敗してしまうこともあるでしょう。

だからこそ、事前準備で回避できるなら、しっかり対策したいもの。ちょっとしたハプニングなら、笑いも起こせて2人の間にホッコリした空気が流れるとはいえ、当人的には微妙な気持ちになることに変わりはありません。

結果オーライになるかもだとしても、大きなミスは下準備で回避していくださいね。

(森山まなみ/ライター)

(愛カツ編集部)