彼とのデートの後、今日一日の楽しい思いを思い起こしながら夜を過ごしたい、できれば彼にも今日の思い出に浸って今夜は過ごしてもらいたいって思うことありますよね。

そんな時はLINEで胸キュンメッセージを送ってみましょう。別れの胸キュンメッセージで、彼もきっと楽しい思い出を思い出して、満ち足りた夜を過ごしてくれると思いますよ。

そんなデートの別れの胸キュンLINEの一言を紹介します。

デートの感想を盛り込む

別れの胸キュンメッセージにはデートの感想を盛り込んでみましょう。デートでどんなことをしたのか、どんなことを思ったのか、思い出すように書いて送ってみましょう。

実は、ツアーコンダクターは旅行に行ったあと、バスの中で行き先を振り返ると言います。それは楽しい思い出をよみがえらせるためだそうですよ。

デートの感想を書けば、「今日こんなことしたな」、「一緒にやった〇〇は楽しかったな」と何度も楽しい思い出がよみがえってきます。これは結構効果があって何日か経った後も、読み返しては楽しい思い出がよみがえります。

彼も見るたびにあの時のことを思い出して胸キュンするでしょう。その時気をつけるのは良いことばかり書くこと。何度も繰り返しメッセージを読み返すことで、その時の思いは記憶に上書きされるので、良い思い出ばかり書いておくようにしましょう。

愛してる、大好きと言う気持ちを伝える

デートしている二人でも、二人の温度差はまちまち。片方が好きすぎてたまらないのに、片方は日常の一コマに過ぎないという場合も。

そんな温度差の違いは「〇〇君、なぜ好きって言ったのにLINEも頻繁に送ってくれないの?」、「〇〇さん、連絡をくれないなんて、もしかして別に好きな人がいるの?」と相手を不安にさせたり疑心暗鬼にさせたりします。

だからこそ、好き、愛しているという言葉はどんどん相手にぶつけるべきなのです。たくさんぶつけているうちにお互いの温度差が埋まってきたり、胸キュンして何度も好きを確認したりすることもあるんですよ。

次にまた会いたいという気持ちを伝える

デートで男性が心配することに「連れて行くところが面白くなかったらどうしよう」、「一緒にいてつまらないって思われたらどうしよう」ということがあります。

もしそんな心配があったら、次に誘うのをためらってしまいますよね。だから、という胸キュンするような次のデートの話を積極的にするのも効果的です。

「また会いたい」、「またデートしたい」と言われれば、男性も安心して次のデートの話ができますね。

まとめ

心に思っている思いは口に出さなければ伝わりません。

積極的に伝えることでお互いの関係は安定してしっくりくるようになってきますよ。

(如月柊/ライター)

(愛カツ編集部)