運勢

こんにちは。「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛プランナーのTETUYAです。

知り合った当初は、あんなに興味があった女の子だったのに……。つきあい当初は愛してやまない彼女だったのに……。

何気ない彼女の言動で、一気に興味がなくなってしまうことってあるんですよね。

今回は僕の周りでよく聞く、「100年の恋も冷める女子の言動」について紹介したいと思います。

百年の恋も冷める女子

1、知ったかぶりする

口癖が「知ってる。知ってる。それでさ~」と、詳しくないことを、さも知ったかぶりしてかぶせて話してくる女子。

こういう女子に、男性はカチンときます。しかもいざ話をさせてみると内容がとても薄い……。

相手とのこころの距離を詰めるには、「共感」はすごく大事です。ただ、知ったかぶりして話を合わせることと、共感することは全然意味が違います。

詳しくないことは、素直に「知らない、教えて」と言える女子の方が、好感度が高いですよ。

2、デートの内容を、ベラベラ喋りまくられる

100年の恋も冷める女子

男性の中には、自分の手のうちをばらされることをとても嫌がる人もいます。

そういうタイプの男性は、デートプランを彼女のために試行錯誤して色々と練っていて、ちょっとした演出まで入れている場合も。

そんな努力の結晶を、彼女以外に知られるのは恥ずかしいんです。

だから、彼の気持ちを考えずに、女友達にベラベラしゃべられると、バカにされているようで冷めてしまうことがあるから気をつけてください。

話したくなる気持ちは分かりますが、彼にそのことをわざわざ伝えないように。

3、複数の男性にアプローチされたと自慢する

自分の自慢はOKでも、女子の自慢を嫌う男性は多いです。

特に女子の自慢で多いのは、「複数の男性にアプローチされた」というモテエピソード。

この話を聞いたときの男性の反応は、「モテるね~。すごいじゃん」と笑いながら言っていたとしても、本音では、「ただ遊ばれてる軽い女じゃん」と思っていることもあります。

女としての品位を下げる発言には正直冷めてしまいます。これと似たケースで、聞いてもないのに元カレや、男友達の話をしだすのも一緒です。

4、真面目アピールしてるのに不純……

以前、こんな女子がいました。口では、「私は真面目で、つきあわないとエッチはしない」とガードの固い真面目な女をアピールしておきながらも、お酒も入りいろいろ話をしていくと、1週間前に男友達とキスはしたと……。

「オイオイ! 真面目と言っておきながら違うじゃん」と突っ込むと、「それはキス友だから」とよくわからない答え。

正直、意味不明でドン引きです。真面目アピールしながらも、実際やっていることは不純。

そんな言ってることとやっていることが違いすぎる女子、要注意ですよ!(酔っ払うとボロが出ます)

おわりに

今回紹介したケースは、男同士が集まったときによく話す「あの子ずれてるよね?」というグルーピングに多い人たち。

この「ずれてる」というニュアンスは、彼女本人も悪気なくやっているのは男性もわかっています。ようは「天然」ということ。

今回紹介した天然な女子は、なかなか自分では気づけないと思いますので、「自分に当てはまる!」と思った人は意識して直しましょう!