気になる人ができたとき、相手と「両想いになれたらいいな」と思いませんか。

食事や飲みを重ねて、気になる人との距離が縮まったら、それはとても嬉しい期待ですよね。

でも、相手のタイプによっては、本当に脈アリなのか。見極めが難しい場合もあるのでは。脈アリだとわかれば、自信を持ってアタックできるもの。

そこで今回は、恋に頑張る女性を背中を押すべく、好意を持っている男性が送ってくるLINEについてご紹介します。

興味を持って聞いてくる

気になる人のことは、些細なことでも知りたいと思うもの。それが恋愛感情です。

たとえば相手の仕事、趣味。休日はいつなのか。最近ハマっていることなど――。好きな人のことを知れると嬉しいですし、もっと知りたい気持ちも出てきますよね。

同じ職場であれば、社交辞令で質問をしたり、少しでも仲良く楽しく仕事をするために、LINEで距離を図っている可能性もありますが。

相手とは、完全にプライベートな出会いなら、それとなくでも聞いてくるのは、あなたに気がある可能性が高いからだと思います。

興味のない人のことは聞いたりしませんし、そもそもLINEすら送らないでしょう。

相手が優しい性格だったり、人と話すことが好きなタイプなら、やり取りに付きってくれている可能性もあるでしょうが。

わざわざ興味のない人のことを知ろうとする男性は、少ないと思います。

プライベート事情をこぼす

自分のことを打ち明けたり、話したりする男性は、あなたに気がある証拠です。自分のことを話すことで、あなたに自分のことを知ってもらいたい気持ちがあるのでしょう。

自分から心をオープンにすることで、相手にも心を開いてもらいたい。そんな気持ちが見え隠れしていると思います。

本来自分のことは、誰にでも話すものではありません。それがプライベート事情に関することなら、なおさらですよね。

相談する人がおらず、誰にでも不平不満をこぼしている人もいるかもしれませんが。「今度の週末、〇〇に行くんだ~」「仕事で〇〇やっているんだけど」となど。自分の気持ちを吐露することは、あなたが気になっているからであり、もっと仲良くなりたいと思っているからです。

彼がプライベート事情を話してくれていたら、ぜひ興味を持って耳を傾けてあげて。

珍しくスタンプを送ってくる

普段あまりスタンプを送らないタイプの男性が、スタンプを送ってくるのはあなたへの好意が少なからずありそうです。

あなたが興味を持ちそうなスタンプを送ったり、自分が好きなスタンプを送ったりしながら、親睦を図ろうとしているのかもしれません。

そのように感じたなら、ぜひ同じようにあなたもスタンプを返してあげては。

特にアラサーになると、お互いに大人なので、なかなか大っぴらに好意を見せづらかったりするものです。

ぜひアプローチに自信を持つためにも、相手の好意を見抜く参考にしてみてください。

(柚木深つばさ/ライター)

(愛カツ編集部)