残念女子が送るLINE

ついつい送ってしまうLINEメッセージで、実は本命から外れてしまうことも……。

今回はそんな残念な女子が送ってしまうLINEメッセージの5つの特徴をお伝えします。

残念女子が送るLINE

特徴1:質問か共有がほとんど

「XXさんはどうですか?」という質問や「今日はXXでした」といったように、LINEメッセージの質問や共有がほとんどのほとんどの女子は本命になる可能性は低め。やり取りに何の刺激も無くなってくるためです。

男子側としてLINEへの返事が惰性になりやすいともいえるでしょう。

嬉しかったこと、友達とご飯を食べてニコニコしている写真、すごい行きたいなと思ったお店などなど、モテ女子はバリエーションを多くLINEメッセージを送っていきます。

特徴2:相手の都合を考えない

お仕事の時間中に意見を求めたり、夜寝る前の遅い時間、朝ものすごく早い時間にメッセージをする、そういった「相手の都合を考えない」印象を与えてしまうLINEメッセージを残念な女子は送りがち。

モテ女子は、あくまでも男子のタイミングに合わせてLINEメッセージを送ります。

日々のやり取りだからこそ、男子は以外とLINEメッセージの送り方から、自分勝手な女子かどうかを見極めようとしていますので、注意が必要です。

特徴3:スタンプをたくさん付けすぎる

スタンプがたくさんあるLINEは「女の子っぽく」感じることは男子としてあるでしょう。

しかし、残念な女子はついつい使い過ぎてしまいます。

そうすると男子側としては、大切なメッセージを見落としてしまったり、どこからが未読なのか分からなくなってしまいます。

モテ女子は、スタンプを多用し過ぎず、「1返事1スタンプのみ」といったようにしっかりとルールを決め徹底しています。

そうすることで、仮にスタンプを多用したとしても、それは「通常と違って喜んでいる」といったように演出ができるようになっていきます。モテ女子はここまで考えています。

特徴4:長文で意見を求める

LINEメッセージは思っているよりも「重たく」「冷たく」受け取られることが多いことを残念な女子は理解していません。

長い文章になればなるほど、大した相談事項でなかったとしても「重たい」と男子は感じます。また、意見を求められる時も長文だと、プレッシャーを男子は感じます。ポジティブな効果はほとんどないと言って良いでしょう。

モテ女子は、「長くなりそうな場合は、頭出しのみとし、実際会って話す」というところを徹底しています。

モテ女子は、LINEは「一方的に吐き出す」ことをしやすいツールだという点をしっかりと理解しています。

特徴5:相手が長文なのに短い返事

実は特徴4は残念な男子にもあてはまります。

女子側が「長文」のLINEを受け取ることもあるでしょう。残念な女子は、「重たい」と感じるため、短い返事でかわそうとします。

しかし、男子側としては、「しっかり考えてほしい」と思っているので、ガッカリしてしまいます。

モテ女子は、ある程度返事を書いた後、「実際いついつ会って会話したいな」、「電話できる?」など女子側から、男子がLINEの長文の連鎖を断ち切りやすいトスをあげてあげるようにします。

今回のヒント、いかがでしたでしょうか?

LINEメッセージは相手がどう感じているのか分からないことが多いので、自分の思い込みで閉じてしまうことがほとんどです。

知らない間に本命になるチャンスを逃してしまわないように、今回のヒントを参考に、ぜひ皆さんのLINEメッセージを見直してみてくださいね。

(お坊さん恋愛コーチさとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)