言いづらいけど…男子が結婚相手に選ばない女子の特徴5つ

付き合いはじめてからもうだいぶ経つのに、なかなか結婚の話が出てこない……

そんなとき、男子はもしかしたら、あなたを結婚相手としては見ていないのかもしれません。

それでは、男子が「結婚相手に選ばない女子」はどういう特徴を持っているのでしょうか?

今回はヒントとして、選ばれない女子の5つの特徴をお伝えしたいと思います。

言いづらいけど…男子が結婚相手に選ばない女子の特徴5つ

特徴1:こちらから連絡しないと反応が来ない

男子は自分の気持ちをたしかめるひとつとして、あえて連絡頻度を低くすることがあります。

こんなとき、「待ち」ばかりの女子の場合、男子としては「自分から意思表示をしてみないと本当に何を考えているのか分からない」と不安を覚えてしまうもの。

最終的には、結婚相手の候補から外してしまうことがほとんどです。

彼からの連絡頻度が落ちた場合であっても、真剣に結婚を考えている場合は、積極的に連絡をするようにしましょう。

特徴2:お金に対する誠意が感じられない

結婚相手を選ぶうえで、お金の問題は避けられませんよね。

結婚相手に選ばれない女子が持つ特徴として、「まだ結婚もしていないのに、ご馳走されるのが当たり前かのようにしている」というものがあります。

男子としても、お金に対する誠意が感じられないと、結婚対象から外してしまいます。

「彼の方が収入が高いから」、「世間的には男子がおごるというのが通例だから」などの理屈を持ち出すのは、あくまでも特別な時だけにしておいたほうが良いでしょう。

食事のお会計だけではなく、映画など含めてデートにかかったお金、旅行のお金などは、なーなーにしないこと。

そのつど、しっかり話し合った上で、平等に負担していくことが結婚相手に選ばれるための近道です。

結婚したら、おなじ財布になることを頭の隅に入れておきましょうね。

特徴3:結婚に対する考えがあいまい

男子は「自分との結婚を真剣に考えてくれているのか」をバロメーターに、結婚相手を選択します。

たとえば、子どもを作るのか、作らないのか。タイミング、住むところ、食生活、部屋などなど……。

結婚を具体的に考えた会話があまりできない相手は、基本的には選ばれません。最後の最後で外されてしまうでしょう。

「結婚したい」と本気で思った男子に対しては、女子側からすこしずつ結婚の話をしてみて、おたがいの結婚への意識をすり合わせていくことが、結婚相手に選ばられるための近道です。

特徴4:隠しごとがある

結婚したいと思っている男子に対して、ある程度の秘密や、聞かれても言えないこと、というのがあっても良いと思います。

ただし「なぜ言えないのか」、「いつになれば言えるのか」といったところを明確にしないと、男子としては「隠しごとがある」という不安を払しょくできないため、結婚候補から外してしまいます。

女子としては「隠しごと」をしているつもりはない場合でも、男子にそれが伝わらないと誤解されてしまいます。

あまり彼に知られたくないことがある場合も、そういう話題になったとき、どのように伝えるのかは、前もってしっかりと考えておくと良いでしょう。

特徴5:整理整頓ができない

お部屋が散らかっていたとしても、しっかり整理整頓ができるのであれば、男子はそれほど気にしません。

しかし、整理整頓がニガテとなると、結婚相手の候補から外れてしまうことが……。

結婚すると、ひとり暮らしのときにくらべて、服や持ち物も増えていきます。

そういった中で、ひとりであっても整理整頓ができないとなると、より散らかったり、探し物、紛失リスクが増えてしまうことは容易に想像ができます。

男子はリスクをきらいますので、最後の最後結婚相手に選ばれないことにつながりやすくなります。

おわりに

いかがでしたでしょうか?

悩んだあげく選ばれないとなると、どちらにとっても貴重な時間を失うことにつながります。

今回の記事の内容にあてはまってしまった方は、ヒントを参考に、みずからの改善を目指すとともに、結婚についてより真剣にお互い会話する時間を設けてみましょう。

(お坊さん 恋愛コーチ さとちゃん/ライター)

(愛カツ編集部)