LINE事情

見てるだけで自分まで幸せな気分になってしまうようなラブラブカップル。

「自分達もこんな恋人関係になりたい♡」「いつかこんな恋人がほしい」と思う人もいるのでは?

今回は、ラブラブカップルのLINEの頻度や内容、電話の有無などをご紹介します。

幸せな恋愛関係の参考にしてみてくださいね。

LINE事情

お互いがリラックスする時間帯に集中してLINE

「交際当初は、彼女から毎朝晩の挨拶LINEをせがまれて正直しんどくなっていた時期も。高校生カップルじゃあるまいし、1日中LINEのやり取りなんて無理ですよ。

何度も話し合いを経て、今ではお互い寝る前の1時間くらいに集中してLINEでやり取りする形に落ち着きました。無理なく良い感じだと思います」(30歳/公務員)

彼氏が好き過ぎて四六時中LINEをしていたいと思う女性もいるかもしれませんが、常にLINEで繋がりたがるのは考えもの。

思い切って彼氏の求めるLINE頻度に合わせてみましょう。自分の仕事を気遣ってくれたと、彼氏からあなたへの愛情も深まりますよ。

動画の送信機能も活用

「高校時代から何年も付き合ってる彼女。遠距離だから、LINE連絡は必須。お互い何気ない日常の写真も送り合ってるし、時々動画にするときも。なかなか直接会えないから、声や動く姿も入ってるといいですよね」(21歳/学生)

ラブラブカップルは、LINEのスタンプや写真だけでなく、動画の送信機能も効果的に活用しているようです。

たまに取り入れてみると新鮮で喜ばれるかも。実際には距離があっても、ふたりの仲は近づくかもしれませんよ♡

内容が深まってきたときは電話に切り替える

「週末は会ってデートすることがほとんど。平日はLINEで寝る前に「今日もおつかれーおやすみー」みたいな簡単なメッセージを送り合うことが多いけど、彼女から「今日仕事でへこんだ……」などの深めのメッセージがきたときはすぐLINE電話で顔を見ながら話を聞くようにしてる」(30歳/自営業)

LINEにはお互いの顔を見ながら話せる無料通話機能もついています。内容によっては通話に切り替えて連絡をとりあうカップルも。

顔を見て話せるので、音声だけの電話より深い話ができるかもしれません。

LINEは互いへの思いやりが大切

既読スルーや未読無視などの単語で、LINEは即レスし合うことがルールのように語られるかもしれません。

でも、一番身近なカップルだからこそLINEの頻度やレスポンスの間隔、内容などはお互いに心地の良いものでありたいもの。

独りよがりにならず、互いへの思いやりを持ちながらLINEでのやり取りを楽しんで長続きするラブラブカップルでいましょう。

(愛カツ編集部)